これはイケる!? ジャガーFタイプ改良型、シューティングブレークやプロジェクト7の噂

■新プロジェクト7には575ps以上の5.0リットルV8が有力

ジャガーは、2ドアクーペ「Fタイプ」改良型を発表したばかりですが、派生ワゴンとなる「Fタイプ シューティンブレーク」およびハードコアモデル「プロジェクト7」の登場が噂されています。

ジャガー Fタイプ外観_002
ジャガー Fタイプ

Fタイプは2013年に初代が登場、日本市場では「Fタイプ」及び「FタイプV8 S」が設定されました。2014年には「Fタイプ クーペ」「FタイプSクーペ」「FタイプRクーペ」、さらにオープンモデルとなる「FタイプSコンバーチブル」が追加。以降4WDの「FタイプRクーペAWD」、最強モデルとなる「FタイプSVRクーペ/コンバーチブル」などを発表、最高出力は575psを誇りました。

多数の派生モデルを展開してきたFタイプですが、これまでシューティングブレークは設定されておらず、改良新型での登場が期待されています。

ジャガー Fタイプ シューティングブレーク
ジャガー Fタイプ シューティングブレーク 予想CG

そこで協力を得たのは同じみ「X-Tomiデザイン」です。入手した予想CGではBピラー以降のルーフを延長、より低く豪華なエクステリアとなり、改良前のデザインでは微妙ですが、改良後のスポーツルックにはかなりマッチしている印象です。

改良型では、2.0リットル直列4気筒スーパーチャージャーとV型6気筒はキャリーオーバーされましたが、「FタイプR」に搭載される5.0リットルV型8気筒スーパーチャージャーは改善され、最高出力575psを発揮。0-100km/h加速は3.5秒、最高速度は300km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを持ちます。但しシューティングブレークの場合は加重により約1秒遅いと予想されます。

ジャガー Fタイプ プロジェクト7
ジャガー Fタイプ プロジェクト7 新型 予想CG

さらに今回、「Fタイプ プロジェクト7」の予想CGも公開されています。2015年に設定されたこのハードコアモデルは、Fタイプをベースに最高出力575psまで高められた過給器付き5.0リットルV型8気筒エンジンを搭載しています。詳細は不明ですが、改良型においてはシューティングブレークより、このプロジェクト7の設定の可能性が高そうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
マンソリー ティザーイメージ_003
独・マンソリー、フェラーリ/ポルシェ/アウディ用の最新チューンを予告!
レクサス GX_004
トヨタが「TX 350/500h」を商標登録! レクサスGXの後継モデルは、3列7人乗りで登場?
アウディ Q5スポーツバック_005
GLCクーペやX4がターゲット。アウディQ5・クーペ版プロトタイプがニュルを激走中
ハマーEV_001
自慢は「カニ」モード! 1000hpの出力を引っさげ、ハマーEVが10月20日にデビュー
VW ID.6_008
市販間近と思いきや厳重な擬装。フォルクスワーゲンの新型電動SUV「ID.6」市販型を初スクープ!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事