大柄なアウディQ8をさらに迫力増! スタイリッシュなSUV&ミニバンを展開したローウェン【東京オートサロン2020】

■電動パーキングブレーキ付きキャリパーにも注目

スタイリッシュなモデル作りでおなじみのローウェン。今年のオートサロンにも力の入ったモデルが多数展示されました。

今年の展示は従来よりも少しおとなしめとして台数も減らし、多くの人がブース内に足を踏み入れてもらえるようにした……とのことでしたが、ローウェンのもつ高級感はしっかりと維持されていました。

ローウェンアウディQ8 フロント
アウディQ8のフロントスタイング。下方向は15mmのみダウン、左右は20mm張り出すフロントスポイラーを装備
ローウェンアウディQ8 リヤスタイル
リアのアンダーディフューザーにはダブルディフューザータイプ

メインに展示されたモデルはアウディQ8でした。フロントスポイラーは使い勝手が悪化することのないよう下方向へのボリュームアップを行わずに、ドレスアップ効果を生み出す仕様となっています。

リヤはアンダーディフューザーにダブルディフューザー形状を採用し迫力をアップ。リアゲートスポイラーは、レクサスLC500用で人気を博しているトランクスポイラー同様、複雑な面構成の3Dデザインを取り入れられています。

ローウェンアレクサスUX フロントスタイング
フェンダーとフロントスポイラーとのマッチングがよく、ワイド感が強調されているレクサスUX
ローウェンレクサスUX
デフューザー形状を持つリヤアンダースポイラーが迫力を増す

アウディQ8と並んで展示されたのがレクサスUXで。センター下部にディフューザー形状を採用したフロントスポイラーを採用。サイド部に翼端板状のディテールを取り入れ、その内側には15φのLEDスポットランプを片側4灯(ホワイト、ブルーの選択可能)ずつ配置されています。

サイドディフューザーはリア側のみのスパッツタイプ、リアアンダーディフューザーは小さめなダブルディフューザーを装着。ルーフスポイラーはインパクトの強い形状となっています。フロントはFスポーツ専用、そのほかのパーツは全グレードに装着可能です。

ローウェン ブレーキキット
インチアップしたホイールに、ノーマルブレーキはかなり貧弱。強化ブレーキキットは、スタイリングにも大きな影響を与える
ローウェン 電動パーキングブレーキ
特許の電動パーキングブレーキを装備するリヤ用

また、今回は注目のパーツも展示されていました。それは鍛造モノブロック製のブレーキシステムです。

さまざまなブランドから強化ブレーキシステムは発売されていますが、電動パーキングブレーキ対応のものは少なく、装着を躊躇しているユーザーも多いようです。

しかしローウェンは独自の特許でリヤキャリパーへの電動パーキングブレーキを装備。電動パーキングブレーキ付き車両への装着を可能としています。

ローウェンRAV4 フロントスタイング
RAV4はローウェンのエアロパーツ、チタンテールマフラーカッター、BLITZの車高調、カロッツェリア7インチナビなど148万5180円のパーツが付き、67万6680円マイナスの407万円で販売
ローウェンRAV4 リヤスタリング
ホイールはローウェンの21インチホイールが付く
ローウェンセレナ フロント
セレナのコンプリートモデルはローウェンのエアロパーツのほか、RS-Rダウンサス、カロッツェリア7インチナビなど134万2880円分の装備が付き75万5080円マイナスの352万円で発売
ローウェンセレナ リヤスタリング
サイドアンダーデュフューザー、リアハーフスポイラー、ルーフスポイラーなどを装備するローウェンのセレナ

(文/写真・諸星陽一)

『東京オートサロン2020』の最新記事
PP1M CKB TOYOTA RACING
実際に走ったNASCARマシンがそのまま展示!現役NASCARドライバー古賀琢麻が2020年シーズン参戦体制を発表【東京オートサロン2020】
Mobil1レースクイーン_インタビュー_01
【独占インタビュー】佐崎愛里、小林沙弥香がレースクイーン引退直後の心境を語る【東京オートサロン2020】
雨さんと井出っち
井出ッチchoice1! RE雨宮ストリート-7 IMSA仕様が、EXILE TRIBEのPVに登場してる!?【東京オートサロン2020】
ケーニグセグ・ジェスコ
前澤友作氏が注文した3.8億円のハイパーカー「ケーニグセグ・ジェスコ」が日本初披露【東京オートサロン2020】
えっくすきゅーとスープラと一緒に
「群馬盛り上げ企画」始動!? 塚本奈々美ちゃんが東京オートサロンでYouTuberトークショーをプロデュース【東京オートサロン2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事