ついに最高出力は1110psに到達! トップシークレットGT-Rの進化が止まらない【東京オートサロン2020】

スーパーGT-R1100のフロント

■RB30スカイライン・ジャパンやフェラーリ458など最新チューニングをお披露目

世界最速を目指してチューニングを続けるスモーキー永田率いるトップシークレットは、もはや世界にもその名を知られています。アウトバーンで341km/h、イギリスの高速で317km/hなど各地で速度違反を繰り返し、首都高の料金所ではバーンアウトを繰り返すなど、逸話は語り尽くせないほどあります。

そのトップシークレットでは1000ps超えのR35GT-Rを数年前にオートサロンの会場でお披露目しましたが、今回は実に1111psにまでパワーアップさせて再登場です。そのほか、懐かしのR32GT-Rやスカイラインジャパンを現代の技術でチューニングさせた成果を披露しました。

ついに1111psにまで達したR35GT-Rは、名付けて「スーパーGT-R1100」です。

スーパーGT-R1100のフロント
1000psを超えて世間をアッと言わせたトップシークレットR35GT-Rが、さらにポテンシャルをアップして帰ってきました。今回は1111psと127kgmという驚異的な出力を達成してスーパーGT-R1100を名乗ります。

タイムアタック仕様ですが、注目すべきは市販パーツに拘って製作されているところです。いわばストリートチューンにも応用が効く内容といえます。エンジンはHKSピストンキットや1300ccインジェクターなどを装備して、トラストTD06タービンを改造して使っています。最高出力は1111psで、トルクは127kgmにもおよびます。

G-EFFECTと呼ばれるキットを使った外装は、まさにレーシングカー。トップシークレットのために製作されたO・Zレーシング製ホイールは11J×20インチになっています。

スーパーGT-R1100のホイール
トップシークレット製TSS-11サスペンションキットを装着した足元にはO・Zレーシング製35GT-R SF TOPSECRETホイールを履いています。タイヤは前後ともに285/35R20となっています。

白いボディのR32GT-Rは、長年トップシークレットがチューニングを続けてきた得意車種です。

VR32GT-Rのフロント
1993年式のR32スカイラインGT-Rをベースに製作されたVR32GT-Rです。その名の通り、R35GT-R用VR38DETTエンジンや駆動系が移植されています。そのためボンネットやフェンダーの形状も変更されています。

今回は最高のR32GT-Rにするべく、R35GT-R用VR38DETTエンジンを移植した究極的なクルマに仕上げられました。VR38DETTエンジンはもちろんノーマルではなく、試作タービンやφ80インタクションキット、I断面コンロッドなどを用いて730psにまでパワーアップされています。クラッチやミッションもR35GT-Rから移植されているので、その走りはまさにチューンドR35GT-Rそのものです。それをコンパクトなボディのR32GT-Rで実現してしまったところがトップシークレットならではの技術といえるでしょう。

VR32GT-Rのホイール
TOPSECRETスペシャル・サスペンションキットを装着した足元にはO・ZレーシングChallenge HLTホイールを履きます。前10.5J×18、後11J×18サイズでタイヤは前後とも275/35-18です。

そして最後はオジサン世代に懐かしい、スカイライン・ジャパンです。

スカイライン・ジャパンのフロント
オジサン世代が涙しそうなスカイライン・ジャパンは1977年式の前期型をベースに、リップスポイラーやオーバーフェンダーを装着しています。どちらもあえてビス留めというところがマニア心をくすぐります。

5代目スカイラインは伝統のサーフィンラインが残る最後の世代として今も人気があります。オリジナル状態ではL型6気筒エンジンを搭載していましたが、トップシークレットらしくチューニングしたRBエンジンに換装されています。得意のRB26DETTかと思えばそうではなく、オーストラリア向けだった3リッターのRB30用ブロックにRB26ヘッドを組み合わせた3リッターDOHC仕様になっています。もちろん最速を狙える内容ではありませんが、懐かしのジャパンでも現代らしく楽しめる仕様といえるでしょう。

スカイライン・ジャパンのエンジン
美しく仕上げられたエンジンルームにはオリジナルのL型6気筒に替えてオーストラリア向けRB30ブロックにRB26ヘッドを組み合わせたRB30DEエンジンが載っています。独立スロットルにより280psを発生します。
スカイライン・ジャパンのホイール
TOPSECRET車高調SPLサスペンションキットを装着してローダウンしています。ブロンズカラーが印象的なホイールは旧車チューナーであるスターロードによるグロースターです。
スカイライン・ジャパンの室内
室内は純正を保ちつつステアリングやシートを刷新して操作性を向上させています。ジャパン純正の水平ゼロ指針メーターが懐かしいですね。エアコンもしっかり使えるそうです。
フェラーリ458
GT-Rばかりではありません。フェラーリ458の外観をFXX KエボそっくりにしたF458EVOなんてクルマもトップシークレットでは製作しています。実用性を重視してブレーキローターをカーボンからスチールに変更しています。

(増田満)

『東京オートサロン2020』の最新記事
PP1M CKB TOYOTA RACING
実際に走ったNASCARマシンがそのまま展示!現役NASCARドライバー古賀琢麻が2020年シーズン参戦体制を発表【東京オートサロン2020】
Mobil1レースクイーン_インタビュー_01
【独占インタビュー】佐崎愛里、小林沙弥香がレースクイーン引退直後の心境を語る【東京オートサロン2020】
雨さんと井出っち
井出ッチchoice1! RE雨宮ストリート-7 IMSA仕様が、EXILE TRIBEのPVに登場してる!?【東京オートサロン2020】
ケーニグセグ・ジェスコ
前澤友作氏が注文した3.8億円のハイパーカー「ケーニグセグ・ジェスコ」が日本初披露【東京オートサロン2020】
えっくすきゅーとスープラと一緒に
「群馬盛り上げ企画」始動!? 塚本奈々美ちゃんが東京オートサロンでYouTuberトークショーをプロデュース【東京オートサロン2020】
スーパーGT-R1100のフロント
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事