RALLY JAPANへの大胆発言が飛び出たCUSCO。GRスープラ用の車高調やe-sport用のゲーミングチェアも展示【東京オートサロン2020】

●RALLY JAPAN2020を控え、注目を集めるCUSCO。硬派なモノ作りは必見!

東京オートサロン2020の西3ホールにブースを構えるCUSCO。

CUSCOのGRスープラデモカー
CUSCOのGRスープラデモカー

自社で開発工場を持つキャロッセのブランド「CUSCO」ならではのスピーディーさで、いち早くGRスープラ用のサスペンションを発表しています。

GRスープラ用サスペンション
GRスープラ用サスペンション

サスペンションのみならずボディ剛性を向上させる補強ブレースも発表しており、開発力の高さを垣間見せます。

GRスープラ用ボディ補強パーツ
GRスープラ用ボディ補強パーツ

また最近入れているというe-sport用のゲーミングチェアも大量展示。実際に座ってみれば実戦に即した開発がなされていることがわかります。

ゲーミングチェア
ゲーミングチェア

CUSCOと言えばラリー。ということで…

2019FIAアジア・パシフィックラリー選手権ラリー北海道で総合優勝のC-HR
2019FIAアジア・パシフィックラリー選手権ラリー北海道で総合優勝のC-HR

2019FIAアジア・パシフィックラリー選手権ラリー北海道で総合優勝のC-HRも展示。このC-HRはFIA格式のラリー参戦のために開発されたマシンで、2リッターターボのTRD製エンジンを搭載しています。コンプリートカーとして発売予定とのこと、

2019FIAアジア・パシフィックラリー選手権ラリー北海道で総合優勝のC-HR
2019FIAアジア・パシフィックラリー選手権ラリー北海道で総合優勝のC-HR

まさにラリーのCUSCOを体現するようなマシンです。株式会社キャロッセの長瀬努社長に、そのC-HRを前にしてRALLY JAPAN2020の参戦予定をうかがうと「RALLY JAPANは当然参戦です。当社保有ではこのC-HRを含めてFIA格式のラリーマシンが5台ありますから、最大5台のエントリーを考えています」と力強く語ります。

RALLY JAPANについて語る長瀬社長
RALLY JAPANについて語る長瀬努社長

RALLY JAPAN2020も控え、なにかと注目を集めるCUSCOブランド。硬派なモノ作りは必見です。

(写真・文:松永和浩)

『東京オートサロン2020』の最新記事
塚本奈々美DriftBoxチャンネルのヘッダー
塚本奈々美、プロゲーミングチーム・Burning Coreのプロモーションディレクター就任
俺のリバティーウォークR35
高校生のアイデアが実車になった! 「俺のリバティーウォーク」がアンベール
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!
チョコブランカ選手とスピーカー
早急な市販化を期待! 大迫力サウンドのゲーミングスピーカーがフォルシア・クラリオンブースに体験展示!【東京オートサロン2020】
ヤリスGR4プレスカンファレンス
ヤリスGR4は全身アルミ&カーボン! オレの高齢者マークはどこに貼りゃいいの?《大井貴之のコレいいねぇ!その3.》【東京オートサロン2020】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事