NASCAR参戦中のスープラも登場。2020年、グッドイヤーはますますモータースポーツとの関わりを深くする【東京オートサロン2020】

■グッドイヤーはNASCAR、WEC-LMP2、WTCRにタイヤを供給

日本グッドイヤータイヤは東京オートサロン2020の会場でプレスカンファレンスを開催、モータースポーツとの関わり合いの深さを伝えました。グッドイヤーブースには、NASCARのトヨタスープラとWECのLMP2(JOTA Sportオレカ)マシンが展示され、間近で見ることができます。

NASCARスープラ
服部レーシングからNASCARに参戦しているトヨタスープラ

もともとグッドイヤーとモータースポーツの関わりは古く、アメリカンモータースポーツのNASCARでは66年にもわたってタイヤを供給し続けています。もちろん2020年度もNASCARへの供給は継続します。

今回の東京オートサロンには、日本人のNASCARチームオーナーである、服部茂章氏も来日しグッドイヤーブースでトークショーを行いました。そのなかで明らかにされたのがNASCARのレーシングコスト。年間にかかるコストは10〜12億円とのこと。しかし、年間のレース数は30戦を超えるため、それを考えればさほど高くはないという説明でした。

日本グッドイヤー 金原雄次郎社長
モータースポーツに関するトークショーで終始笑顔の金原雄次郎・日本グッドイヤータイヤ社長
服部茂章
アメリカのNASCARでトヨタスープラを走らせている服部レーシングの服部茂章氏

グッドイヤーはこのNASCARへのタイヤ供給に加えて、2019年からはJOTA SportオレカなどのWEC-LMP2マシンにタイヤを供給してきました。WEC-LMP2については2020-2021年シーズンからグッドイヤーのワンメイクとなります。またツーリングカー選手権のWTCRも2020-2021年からはグッドイヤーのワンメイク供給となるとのことで、ますますその注目度がアップしています。

田ヶ原章蔵選手
アンバサダーとしてレーシングドライバーの田ヶ原章蔵選手を採用

グッドイヤーは日本では底辺モータースポーツに力を入れていることで知られています。2020年からはそうした底辺モータースポーツへの注力をさらにアップするため、社内にモータースポーツ推進室を設置。アンバサダーとしてレーシングドライバーの田ヶ原章蔵選手を迎え入れています。従来から積極的に参加しているヴィッツレースはもちろん、ホンダが開催するN-ONE OWNER’S CUPにも協力していく旨を発表しました。

JOTA Sportオレカ
JOTA SportオレカのLMP2マシン

(文/写真・諸星陽一)

『東京オートサロン2020』の最新記事
俺のリバティーウォークR35
高校生のアイデアが実車になった! 「俺のリバティーウォーク」がアンベール
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!
チョコブランカ選手とスピーカー
早急な市販化を期待! 大迫力サウンドのゲーミングスピーカーがフォルシア・クラリオンブースに体験展示!【東京オートサロン2020】
ヤリスGR4プレスカンファレンス
ヤリスGR4は全身アルミ&カーボン! オレの高齢者マークはどこに貼りゃいいの?《大井貴之のコレいいねぇ!その3.》【東京オートサロン2020】
ヴィッツCVT清水号
CVTを鍛え上げた清水和夫が、ヤリスCVTでWRCラリージャパンに参戦か!? と言いたい放談・後編【東京オートサロン2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事