R.S.トロフィーRの鈴鹿タイムアタックを疑似体験できるルノー・ジャポンのブース【東京オートサロン2020】

●ルノー・スポールのテストドライバーによる鈴鹿タイムアタックを疑似体験

ルノー・スポールのテストドライバーであるロラン・ウルゴン氏が、鈴鹿サーキットで2019年11月26日に、ルノー・メガーヌR.S.トロフィーRでタイムアタックをした。その際に、アタック車の助手席に360度カメラを設置していたが、その映像を体感できる機会が、今回東京オートサロン2020のルノー・ジャポン・ブースで設けられた。

ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR
ルノー・ジャポンブースに登場した、メガーヌR.S.トロフィーR

ブースの中にあるVRゴーグルが並ぶスペースで、実際にその映像を確認できる。このVRゴーグルはヘッドホン付きなので、映像だけでなく、その車内音も実感が可能だ。カメラ位置は助手席に設置されていたので、ウルゴン氏の走行を横に乗って体験しているように感じられる。

VR体験
ルノー・ジャポン・ブースには、そのタイムアタックの様子を助手席で疑似体験できるVRゴーグルが登場

ルノー・ジャポンのプレスカンファレンスに登壇した谷口信輝選手も「けっこう荒々しく乗る方で積極的にクルマを横に向けるドライバー」と、ウルゴン氏のドライビングを評していたが、そのドライビングを実際に確認できるチャンス。鈴鹿サーキットでの2分25秒4の時間を堪能してみよう。

ルノーVR体験
鈴鹿サーキットでのタイムアタックの緊張の1周を映像と音で体感できる

ちなみに、このVR体験をした方限定で、メガーヌR.S.トロフィーRが2019年4月5日にドイツのニュルブルクリンクで計測したFF車最速記録「07’40”100」をかたどったステッカーもプレゼントされる。

VR体験プレゼント
ニュルの最速記録記念ステッカーは、VR体験を行うともれなくもらえる
『東京オートサロン2020』の最新記事
塚本奈々美DriftBoxチャンネルのヘッダー
塚本奈々美、プロゲーミングチーム・Burning Coreのプロモーションディレクター就任
俺のリバティーウォークR35
高校生のアイデアが実車になった! 「俺のリバティーウォーク」がアンベール
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事