新型スープラのオープンモデル登場!? 独創的なカスタムカーを製作するNATSの学生たち【東京オートサロン2020】

●レクサスSC430をベースにスープラのオープンモデル風カスタムを施したA90 Spider

東京オートサロン2020に出展しているNATS日本自動車大学校(中ホール4)は、毎年自由な発想のカスタムカーを出展している。

中でもA90 Spiderと名付けられた車両は、一見すると新型スープラ。オープンボディに加工したのかと思いきや、ベースはレクサスSC430。以前は国内でもソアラとして販売されていたオープンボディのクーペだ。このSC430をベースに、本物の新型スープラのヘッドライトやテールを加工してセット。

車両の幅や形状が大きき異なるため、かなりの加工が施されている。しかも、ボンネットはアルミパネルから叩き出したワンオフで、裏側の骨組みとなるレインフォースも一から作り出している。

A90 SpiderはレクサスSC430がベース
リアも新型スープラのテールライトを移植

しかもこの車両、単なる新型スープラの顔面スワップなどではなく、あくまで映画「ワイルドスピード」に登場する80スープラのオマージュとして製作されている。エンジンは2JZに乗せ換えられ、ボディは2.2mを超えるワイドボディだ。車名のA90はA80スープラが進化したという思いが込められているのだ。

ほかにもユニークな「化けた」車両が出展され、Z33フェアレディベースの「R35ロードスター」やカムリベースの86風セダン「LS86」、カプチーノベースの2000GTレプリカ「2020GT」など、ショップのカスタムとは一味違ったカスタムカーばかり。完成度の高さも注目ポイントだ。

Z33フェアレディベースの「R35ロードスター」
カムリベースの86風セダン「LS86」
カプチーノベースの2000GTレプリカ「2020GT」
『東京オートサロン2020』の最新記事
俺のリバティーウォークR35
高校生のアイデアが実車になった! 「俺のリバティーウォーク」がアンベール
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!
チョコブランカ選手とスピーカー
早急な市販化を期待! 大迫力サウンドのゲーミングスピーカーがフォルシア・クラリオンブースに体験展示!【東京オートサロン2020】
ヤリスGR4プレスカンファレンス
ヤリスGR4は全身アルミ&カーボン! オレの高齢者マークはどこに貼りゃいいの?《大井貴之のコレいいねぇ!その3.》【東京オートサロン2020】
ヴィッツCVT清水号
CVTを鍛え上げた清水和夫が、ヤリスCVTでWRCラリージャパンに参戦か!? と言いたい放談・後編【東京オートサロン2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事