ホンダ・N-BOXシリーズが2019年の新車販売台数で1位を獲得。しかもホンダ史上、1年間で最も売れたモデルに!!

■2019年暦年の販売台数は253,500台

2019年11月の軽自動車販売ランキングで、ダイハツ・タントに首位の座を奪われたものの、同年12月に再び定位置の1位に返り咲いたのがホンダN-BOXシリーズ。なお、12月は1位がN-BOX、2位がスズキ・スペーシア、3位が日産デイズ、4位がタント、5位がダイハツ・ムーブで、ハイト系、スーパーハイトワゴン系が人気を集めています。

ホンダ N-BOXシリーズ
N-BOXシリーズがホンダ史上、暦年で最も売れたクルマに

ホンダN-BOXシリーズは、2019年の「新車販売台数1位」になっただけでなく、253,500台という台数は、ホンダにおいて過去最高となる暦年販売台数になるそうで、同社史上1年間で最も売れたモデルに輝いたことになります。なお、登録車も含めた新車販売台数において3年連続、軽四輪車新車販売台数では5年連続の首位になり、圧倒的な強さを誇っています。

ホンダ N-BOXシリーズ
登録車を含めた新車販売台数で3年連続1位に
ホンダ N-BOXシリーズ
軽自動車販売ランキングでは、5年連続ナンバー1に

大人気のN-BOXは、軽自動車というカテゴリーに属しているものの、ホンダはコストをしっかりかけることで、登録車に負けない走りや内・外装の質感を確保。さらに、軽乗用車最大級の室内空間や存在感のあるデザインに加え、全タイプに標準装備とした先進の安全運転支援システム「ホンダ・センシング」や、優れた走行性能・燃費性能などが人気の理由だそう。

2020年も強さを見せそうなホンダN-BOXシリーズ。ライバルの追撃があるか注目の1年になりそうです。

(塚田勝弘)

『ホンダ』の最新記事
ホンダ EV
ホンダが北京モーターショーで現地生産を見据えたEVコンセプトカーを出展
N-ONE RSスタイリング
キープデザインでも大進化! 新生Nシリーズの第4弾・新型N-ONEが近日登場【ホンダN-ONEフルモデルチェンジ直前情報】
GM ホンダ
GMとホンダが協業を強化。内燃機関やプラットフォームの共有、先進運転支援システムまで共同開発を検討
Honda e・アイキャッチ
「Honda e」いよいよ正式発表! 同時にスタートする「”with” Project Honda e」とは?
ホンダ・オデッセイ
キリッとした顔つきに大変身! ホンダ・オデッセイがマイナーチェンジ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事