レクサスUXに、専用内装色や充実装備が与えられた特別仕様車「“Blue Edition”」が設定【新車】

レクサス NX

■UX全車にラゲッジが拡大した「ローデッキタイプ」を標準装備

2020年1月9日、コンパクトSUVのレクサスUXに特別仕様車「“Blue Edition”」が設定され、2月3日から発売されます。

同特別仕様車は、2.0L 直列4気筒エンジンを積む「UX200」がベース。専用内装色のコバルト&ブラックが採用されたほか、ルーフレール、ハンズフリーパワーバックドア、パーキングサポートブレーキ(静止物)などが標準化され、よりアクティブなスタイルで多様なライフシーンに応える仕様になっています。

レクサス NX
レクサスNXの特別仕様車「“Blue Edition”」

また、特別仕様車「“Blue Edition”」を含むUX200全車で、ラゲッジスペースが拡大されたローデッキタイプが標準設定され、最大荷室容量310L(アンダーデッキを含む)が確保されています。

レクサス NX
レクサスNX「“Blue Edition”」のキャビン
レクサス NX
特別仕様車「“Blue Edition”の215/60R17タイヤ&エアロベンチレーティングアルミホイール

特別仕様車の「“Blue Edition”」には、和紙調シボ/コバルトの専用インパネ、ブラックのファブリックシート、ヘアライン加飾が施されたオーナメントパネル、スカッフプレート(LEXUSロゴ付)、LEDフロントフォグランプ&LEDコーナリングランプ、215/60R17タイヤ&エアロベンチレーティングアルミホイール(ダークグレーメタリック塗装)などが用意されています。

レクサス NX
荷室が拡大されたローデッキタイプをレクサスNXに標準設定

特別仕様車「“Blue Edition”」の価格は、4,050,000円です。

(塚田勝弘)

『LEXUS』の最新記事
2020年冬に日本で発売される新型レクサスLS。内・外装、走りはどう変わる?
レクサスLS
レクサスの最上級セダンLSがマイナーチェンジ。最新の自動運転技術を搭載【新車】
新型LSエクステリア
レクサスLSがビッグマイナーチェンジで「手放し運転」が可能に【新車】
モデリスタ レクサスLC
一部改良で走りを磨き上げたレクサスLCに「モデリスタ」のエクステリアパーツが登場
レクサスLCコンバーチブル
イタリアの青の洞窟をモチーフにした60台限定「LC500 Convertible“Structural Blue”」が登場【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事