フィアット500e次期型が「電気自動車のドルチェヴィータ」になる!?

■プラットフォームを新世代パンダと共有、室内には大型LED多機能ディスプレイ搭載

フィアット「500」のフルエレクトリック版、「500e」のプロトタイプをカメラが初めて捉えました。

フィアット 500e外観_008
フィアット 500e 新型プロトタイプ

500eは、2012年11月のロサンゼルスモーターショーで初公開、翌2013年に発売されており、このフルモデルチェンジで第二世代へバトンタッチされることになります。

次期型では、新世代「パンダ」と共有する全く新しいプラットフォームを採用、デザインが刷新されることから、同社の最高マーケティング責任者オリビエ・フランソワ氏は「電気自動車のドルチェヴィータ(甘い生活やハッピーライフの意)になる」と意気込んでいるといいます。

フィアット 500e外観_007
フィアット 500e 新型プロトタイプ

ドイツで撮影された2台プロトタイプはボディ前後をカモフラージュ、1台のエアインテーク前部には電気関連の仮設パネルが設置されています。またヘッドライトの切り抜きがかなり大きいことから、アウトラインが大型化される可能性がありそうです。そのほかでは、テールライトや前後バンパーも再設計される可能性が高いです。

キャビン内では、ステアリングホイールがリフレッシュされるほか、大型LED多機能ディスプレイを備える再設計されたダッシュボード、センターコンソールに配置された新たしいATトランスミッション・ノブなどが装備されるようです。

フィアット 500e外観_004
フィアット 500e 新型プロトタイプ

現行型EVパワートレインは、24kWhリチウムイオンバッテリーを搭載、最高出力111ps・最大トルク200Nmを発揮し、1回の充電で84マイル(135km)の後続が可能ですが、すべての数値が向上することが予想されます。

500e次期型は2020年第2四半期(4〜6月)、イタリアのミラフィオーリ工場にて生産開始予定で、年間8万台の生産が見込まれています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
テスラ モデルS_003
テスラ最強の「プレイド」、非公式ながら0-400m加速で市販車最速の世界記録更新か!?
ポルシェ カイエン_004
ポルシェ カイエン改良型、超攻撃的フロントマスクに進化か!? 秘密テスト基地で撮影成功
BMW X5M_002
BMW X5最強モデル「X5M」改良型、自立型デジタルインストルメントクラスタ採用!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事