スズキ・ハスラーにライバルが登場!? ダイハツが対抗馬の「TAFT(タフト)コンセプト」を世界初公開【東京オートサロン2020】

ダイハツ オートサロン2020

■ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」は、軽サイズのハイト系クロスオーバー

ダイハツは、軽クロスオーバーのコンセプトモデル「TAFT(タフト)コンセプト」を「東京オートサロン2020」に出展すると発表しました。ほかにも、市販済みの軽自動車、コンパクトカーをベースとした多彩なカスタマイズカーを出展します。

ダイハツ オートサロン2020
ダイハツ・タフト・コンセプト

ブースのテーマは、昨年と同様に「遊びゴコロをみんなのものに。」で、ワールドプレミアとなる軽クロスオーバー「TAFTコンセプト」をはじめ、発売されたばかりのコンパクトSUVの「ロッキー」、軽オープンスポーツカー「コペンGR SPORT」、軽乗用車「タント」をベースとしたコンセプトカーなどが披露されます。

ダイハツ 東京オートサロン2020
ロッキー Sporty Style

さらに、軽商用車「ハイゼットトラック」では、アウトドア雑誌の「ピークス」とコラボするなど、それぞれの持つ世界観を生かしながら、遊び心を刺激するカスタマイズ車両を揃えるとしています。

注目の「TAFTコンセプト」は、「Tough&Almighty Fun Tool」をコンセプトに掲げ、2020年央の発売に向けて開発を進めているそう。人気の軽クロスオーバーに新たなモデルが加わることになります。

日常生活からキャンプなどのレジャーまでアクティブに使える新感覚の軽自動車で、開放感あふれるガラスルーフや、フラットで使い勝手のいいラゲッジなどが用意されるそう。ボディサイズは、全長3395×全幅1475×全高1630mmのトールサイズで、タイヤは165/65R15サイズを装着。エンジンは660ccターボで、トランスミッションはCVT。駆動方式は2WD。

ダイハツ 東京オートサロン2020
TAFT コンセプトのガラスルーフ

ほかにもダイハツ・ブースでは、カスタマイズの楽しさをより身近に感じてもらうべく、漫画家の田中むねよし氏を迎えて「TAFTコンセプト」を題材に、来場者と田中氏がコミュニケーションをしながら、その場でイラストを描く「ライブ・ドローイングショー」が実施されます。

また、ダイハツの社名の由来である「発」動機にちなんで、「エンジン組立チャレンジ」コンテンツも用意。ダイハツエンジニアのサポートによる本物のエンジンパーツを使った組立体験を通じて、幅広い来場者の方々に、クルマをより身近に感じられるコンテンツも用意されます。

ダイハツ 東京オートサロン2020
「コペンGR SPORTカスタマイズVer.」

出展車両は、軽自動車ベースが8台、小型乗用車ベースが1台の軽9台。「TAFTコンセプト」は、市販化に向けたコンセプトカー。

ダイハツ 東京オートサロン2020
タントカスタム「Premium Ver.」

そのほかコンセプトカーは「タントカスタムPremium Ver.」「タントCROSS FIELD Ver.」「タントカスタムMARVELスパイダーマンVer.」。用品装着車として「ロッキーSporty Style」、市販車の「コペンGR SPORTカスタマイズVer.」が登場。

ダイハツ 東京オートサロン2020
「ハイゼットトラックPEAKS Ver.コンセプトカー」

商用車では、「ハイゼットトラックPEAKS Ver.コンセプトカー」「ハイゼットトラックDJ Ver.コンセプトカー」「ハイゼットトラック初音ミクマルシェVer.コンセプトカー」が出展されます。

ダイハツ 東京オートサロン2020
「ハイゼットトラック初音ミクマルシェVer.コンセプトカー」

(塚田勝弘)

【関連リンク】

ダイハツ・東京オートサロン2020
https://www.daihatsu.co.jp/learning/event/tokyo_as2020/

『東京オートサロン2020』の最新記事
俺のリバティーウォークR35
高校生のアイデアが実車になった! 「俺のリバティーウォーク」がアンベール
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!
チョコブランカ選手とスピーカー
早急な市販化を期待! 大迫力サウンドのゲーミングスピーカーがフォルシア・クラリオンブースに体験展示!【東京オートサロン2020】
ヤリスGR4プレスカンファレンス
ヤリスGR4は全身アルミ&カーボン! オレの高齢者マークはどこに貼りゃいいの?《大井貴之のコレいいねぇ!その3.》【東京オートサロン2020】
ヴィッツCVT清水号
CVTを鍛え上げた清水和夫が、ヤリスCVTでWRCラリージャパンに参戦か!? と言いたい放談・後編【東京オートサロン2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事