ジャガー F-Pace改良型、「Pivi Pro」タッチスクリーン搭載しデザイン大幅変更

■3.0リットル直列4気筒インジニウムエンジン搭載

ジャガー初となったクロスオーバーSUV、「F-Pace」(Fペイス)が初の大幅改良を迎えようとしています。その最新プロトタイプをカメラが捉えました。

ジャガー F-Pace外観_003
ジャガー F-Pace 改良新型プロトタイプ

まだ厳重なカモフラージュがほどこされていますが、ボディパネルが変更された様子はありません。しかしグリルが再設計されるほか、コーナーエアインテークが楕円形になり、ヘッドライトのグラフィックはもちろん、アウトラインが滑らかでコンパクトにされているようです。

リアエンドでは、インジケーター用の新しい透明なストリップ、新しいエキゾーストシステム、再設計されたディフューザーなどエクステリアが大幅な更新を受けるはずです。

ジャガー F-Pace外観_008
ジャガー F-Pace 改良新型プロトタイプ

車内では、同社最新の「Pivi Pro」タッチスクリーンインフォテインメントシステムを搭載、またデジタルクラスタ、HVACコントロールスクリーン、ステアリングホイール、ギアシフターなどもデザインが一新される見込みです。

パワートレインは、2.0リットル直列4気筒ターボディーゼルのほか、3.0リットル直列4気筒インジニウムエンジンが予想される。ワールドプレミアは、2020年内になると思われます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
トヨタ 86特許画像_001
新型トヨタGR86、量産型のパテント画像がリーク!
日産 新型ミッドシップ
Zだけじゃなかった!? 次期MR2のガチライバル、日産が超高級ミッドシップを開発中の噂
アウディ RSセダン_011
最強コンパクトセダンの称号を取り戻せ! アウディRS3次期型、スノーテストをキャッチ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事