あらゆるオフロード走行に応える「GEOLANDAR M/T G003」に軽トラやスズキ・ジムニー向けの新サイズを追加

ヨコハマタイヤ GEOLANDAR M/T G003

■オフロード走行性能と耐久性、耐摩耗性を向上

2019年12月5日、横浜ゴムはSUV・ピックアップトラック用タイヤの「GEOLANDAR M/T G003」に新サイズを追加し、2020年3月から発売すると発表しました。

追加サイズは、145/80R12 80/78N LT、195R16C 104/102Qの2サイズで、価格はオープンプライス。今回の追加により、現在販売中の37×12.5R20 126Q~LT215/75R15 100/97Qの29サイズと合わせて全31サイズになり、順次サイズラインアップの拡充も予定されています。

ヨコハマタイヤ GEOLANDAR M/T G003
軽トラやジムニー向けにサイズが追加された「GEOLANDAR M/T G003」

「GEOLANDAR M/T G003」は、オフロードユーザー向けの商品で、マッド、ロック、ダート、砂利などあらゆる路面でのオフロード性能が追求されています。もちろん、耐久性や耐摩耗性の向上による優れたロングライフ性能も盛り込まれています。

また、外観は、オフロード感が強調されたデザインになっていて、オフロード走行やドレスアップを楽しむユーザーニーズも満たす、よりアグレッシブなイメージを実現。今回、追加された145/80R12 80/78N LTと195R16C 104/102Qは、それぞれ軽トラック、ジムニー向けのサイズになります。それぞれの従来品である「Y828」「GEOLANDAR M/T+ G001J」よりさらにオフロード性能を高めたタイヤで、軽トラックやジムニーのオフロードチューニングやドレスアップを楽しむユーザーおよびさらなるオフロード性能を求めるユーザーニーズに応えるとしています。

なお、同日には、SUV・ピックアップトラック用タイヤの「GEOLANDAR X-AT」も新サイズが追加され、「GEOLANDAR」シリーズのラインナップが強化されています。

(塚田勝弘)

『横浜ゴム』の最新記事
スポンジ式ノイズキャンセル
気になるタイヤノイズをスッキリ消す技術とは?【横浜ゴム・スポンジによる空洞共鳴音の低減】
導電スリット現物
タイヤが黒いのはなぜ? シリカを配合するとタイヤはどう進化するの?【横浜ゴム・シリカ配合技術勉強会】
GEOLANDAR X-AT 装着
かゆいところに手が届く。横浜ゴムが「ジオランダーG003&X-AT」に軽自動車用サイズを設定
BluEarth-Vanイメージ
商用車にも「BluEarth」。耐摩耗性20%・ウエット制動性能6%アップの「ブルーアースバン RY55」
GEOLANDAR_CV_G058_イメージ
SUVにはやっぱりM+Sタイヤというユーザー向けの新作タイヤ「ジオランダーCV G058」
ヨコハマタイヤ GEOLANDAR M/T G003
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事