横浜ゴムがクロスオーバーSUV向けサマータイヤ「BluEarth-XT AE61」を発売。ウェット性能と転がり抵抗性能を両立

横浜ゴム ブルーアース-XT AE61

■大人気SUVのオンロード性能を引き上げる最新エコタイヤ

2019年12月5日、横浜ゴムは、低燃費タイヤブランド「BluEarth(ブルーアース)」の新ラインナップとして、クロスオーバーSUV向けサマータイヤ「BluEarth-XT AE61」を来年2月から発売すると発表しました。発売サイズは18で、順次サイズラインアップを拡充する予定としています。価格はオープンプライス。

横浜ゴム ブルーアース-XT AE61
SUV向けサマータイヤの「BluEarth-XT AE61」が2020年2月に発売

「BluEarth-XT AE61」は、クロスオーバーSUV専用として開発されたサマータイヤ。市街地や高速道路などオンロードを思い通りに走るシャープなハンドリング性能やSUVの車内に静かな空間を実現する静粛性のほか、偏摩耗を抑制して長く使えるロングライフ性能を兼ね備えているそうです。

さらに全サイズで、国内タイヤラベリング制度におけるウェットグリップ性能最高グレード「a」、転がり抵抗性能「A」を獲得。タイヤ性能において両立の難しいウェット性能と転がり抵抗性能を兼ね備え、雨天時の高い安心感や低燃費にも貢献するとしています。

トレッドパターンは、クロスオーバーSUVに求められる性能を発揮する非対称パターンが専用開発され、ショルダーからセンターリブに至るまで高剛性が追求された設計が施されていて、ハンドリング性能と耐偏摩耗性能を実現。

ほかにも「4ストレートグルーブ」+「インサイドナローグルーブ」が高いウェット性能に貢献。さらに、エアポンピング音を抑制する「非貫通グルーブ」や「5ピッチ・バリエーション」が採用され、ノイズを抑制するパターン設計が施されたことで、より優れた静粛性を実現。コンパウンドには、ウェット性能および低燃費性能に効くシリカとポリマーが配合された「ナノブレンドゴム」が使われています。プロファイルでは、滑らかな接地形状と接地圧を均一化する「マウンド・プロファイル」の採用により、直進安定性と耐偏摩耗性能が発揮されます。

横浜ゴムの「BluEarth」シリーズは、「環境性能のさらなる向上+人に、社会にやさしい」をテーマとした横浜ゴムのグローバルタイヤブランド。乗用車用タイヤでは、「BluEarth-XT AE61」をはじめとして、幅広いラインアップを誇っていて、さらに、今秋すでに発表された、オールシーズンタイヤ「BluEarth-4S AW21」が2020年1月かは発売されます。

横浜ゴム オールシーズンタイヤ
BluEarth-4S AW21

(塚田勝弘)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事