懐かしの「ホンダ シティ・ターボ」が新型車として蘇った!? 1リッター3気筒ターボで「RS」も設定!(ただし、タイでだけど)

■エンジンは1.0Lの3気筒ターボで122ps

シティターボが復活!
タイの首都バンコクで開催されているモーターショーを見に出かけて、ビックリですよ。ホンダブースに最新のシティターボがあったんです。しかも市販車として。

シティといえば、ボクのようにオジサン世代(とかそれ以上)のクルマ好きには懐かしい、1980年代に大ブレイクしたホンダの人気車種。コンパクトサイズのハッチバックで、言うなればフィットの先輩みたいなものですね。当時は「マッドネス」が出演するムカデダンス(というらしい)の印象的なCMも話題となり、クルマも大ヒット。

その高性能バージョンが「シティターボ」でした。

現代に蘇ったシティターボは、4ドアセダン。
11月25日にフルモデルチェンジした新型シティ(5世代目)が発表されたばかりで、実は「シティ」とは2代目が「フィットアリア」として4代目は「グレイス」として日本でも発売されているクルマです。

『ホンダ』の最新記事
CBR1000RR-R_SP
ゾクゾクするほど贅沢な技術をふんだんに盛り込んで究極のパワーを実現したCBR1000RR-Rのエンジン【新型ファイアーブレード登場・2】
【新型ホンダ・フィット速攻試乗】運転支援系は標準装備! 小っちゃいくせに高級車ばりの走りに清水和夫もビックリ!【StartYourEnginesX】
CBR1000RR-R_SP
ゴリゴリの筋肉質だけどしなやかに舞う? サーキットの操縦性を追求したCBR1000RR-Rの車体【新型ファイアーブレード登場・1】
ホンダ N-BOX
ホンダの軽自動車「Nシリーズ」が登場から8年で販売台数250万台を突破
ホンダが自動運転タイプのロボット芝刈機「Miimo(ミーモ)」の実証実験をスタート
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事