懐かしの「ホンダ シティ・ターボ」が新型車として蘇った!? 1リッター3気筒ターボで「RS」も設定!(ただし、タイでだけど)

■エンジンは1.0Lの3気筒ターボで122ps

シティターボが復活!
タイの首都バンコクで開催されているモーターショーを見に出かけて、ビックリですよ。ホンダブースに最新のシティターボがあったんです。しかも市販車として。

シティといえば、ボクのようにオジサン世代(とかそれ以上)のクルマ好きには懐かしい、1980年代に大ブレイクしたホンダの人気車種。コンパクトサイズのハッチバックで、言うなればフィットの先輩みたいなものですね。当時は「マッドネス」が出演するムカデダンス(というらしい)の印象的なCMも話題となり、クルマも大ヒット。

その高性能バージョンが「シティターボ」でした。

現代に蘇ったシティターボは、4ドアセダン。
11月25日にフルモデルチェンジした新型シティ(5世代目)が発表されたばかりで、実は「シティ」とは2代目が「フィットアリア」として4代目は「グレイス」として日本でも発売されているクルマです。

『ホンダ』の最新記事
HONDA E BECOMES FIRST JAPANESE VEHICLE TO WIN ‘GERMAN CAR OF THE YEAR’; ADDS TO GROWING TALLY OF GLOBAL ACCOLADES
Honda eがドイツのカー・オブ・ザ・イヤー2021受賞。新型ゴルフも抑え、日本ブランドとしては史上初!
新型N-ONE イメージ
なんとボディパネルは先代と共用!前例のないモデルチェンジを敢行した新型ホンダN-ONEの質実剛健な進化の中身は?
ホンダが新型「CIVIC(シビック)」プロトタイプを公開! エクステリア全貌が露に
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事