懐かしの「ホンダ シティ・ターボ」が新型車として蘇った!? 1リッター3気筒ターボで「RS」も設定!(ただし、タイでだけど)

■エンジンは1.0Lの3気筒ターボで122ps

シティターボが復活!
タイの首都バンコクで開催されているモーターショーを見に出かけて、ビックリですよ。ホンダブースに最新のシティターボがあったんです。しかも市販車として。

シティといえば、ボクのようにオジサン世代(とかそれ以上)のクルマ好きには懐かしい、1980年代に大ブレイクしたホンダの人気車種。コンパクトサイズのハッチバックで、言うなればフィットの先輩みたいなものですね。当時は「マッドネス」が出演するムカデダンス(というらしい)の印象的なCMも話題となり、クルマも大ヒット。

その高性能バージョンが「シティターボ」でした。

現代に蘇ったシティターボは、4ドアセダン。
11月25日にフルモデルチェンジした新型シティ(5世代目)が発表されたばかりで、実は「シティ」とは2代目が「フィットアリア」として4代目は「グレイス」として日本でも発売されているクルマです。

『ホンダ』の最新記事
ホンダコレクションホール
創業者本田宗一郎の妻への想いがホンダの原点【村上菜つみのミュージアム探訪☆Hondaコレクションホール:二輪編】
ホンダ
ホンダがアメリカでも新型コロナウイルス感染者の搬送車両の提供を開始
Hondaコレクションホール
ホンダ初の四輪車は軽トラックだった!【村上菜つみのミュージアム探訪☆Hondaコレクションホール:四輪編】
1999シビックタイプR01
初代シビック・タイプR極上中古車は新車価格の倍「400万円」。 EK9もFK9も狙うなら今だ!【中古スポーツカー・バイヤーズガイド】
ホンダ
ホンダが新型コロナウィルス感染者移送用車両(仕立て車)をオデッセイ、ステップワゴンなどのカスタマイズで提供
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事