センサー付けすぎの驚愕スタイル! メルセデス AMG GT Rブラックシリーズ開発車両をキャッチ

■700馬力以上を発揮、狙うはマクラーレン720S

メルセデス AMG GT Rブラックシリーズの最新開発車両を捉えました。各車輪を計測する輪をはじめ、巨大なセンサーを多数まとい迫力満点です。

ボンネットの大型エアベント、フロントバンパーのスプリッターとカナード、デュアルリアウィングを装備。フロントフェンダー後部にはエアアウトレットも確認できます。ルーフの高さに近いリアウィングは、コンパクトな方でさえかなり大きく、強力なダウンフォースを生むはずです。

メルセデス AMG GT R外観_003
メルセデス AMG GT Rブラックシリーズ 開発車両

AMG GTシリーズは「GT S」「GT R」「GT Rロードスター」「GT C」「GT Cロードスター」など多数のラインアップが存在しているほか、2018年11月にはサーキットでのパフォーマンスを追求した「GT Rプロ」も記憶に新しいです。「ブラックシリーズ」は「SLS AMG GT」などにも設定されていた最強の限定モデルで、今回は2014年以来の復活となります。

メルセデス AMG GT R外観_009
メルセデス AMG GT Rブラックシリーズ 開発車両

パワーユニットは、「AMG GT63S 4ドアクーペ」と共有するAMG伝統の4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンで、ブーストアップにより最高出力は700ps以上を発揮、車重は「GT R Pro」とほぼ同じ1575kgと予想されています。

ワールドプレミアは2020年内、ライバルは最高出力690psを誇るポルシェ「911 GT2 RS」、最高出力720psを発揮するマクラーレン「720S」です。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
BMW M3 ツーリング_003
BMW M3初のツーリング市販型をミュンヘンで目撃!「コンペティション」は510馬力と予想!
起亜 ニロ_005
起亜が電動化を加速。自慢のEVスペシャリスト「ニロ」第2世代をアルプス山中で補足!
起亜 プロシード_014
ポルシェを模したLED DRLを装備? 起亜プロシード改良型、内外装をキャッチ
メルセデス AMG C63_003
これが最終デザインだ! メルセデス最強コンパクトワゴン、AMG「C63ステーションワゴン」次期型だ
フェラーリ V6_001
フェラーリ・V6ハイブリッドは6月24日デビューか!? 心臓部に「クアドリフォリオ」を採用との噂も

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事