2020年にマイナーチェンジを受けるホンダ・シビックの先行ホームページがオープン【新車】

●ホンダによる「操る喜び」の提供を目指したシビックに新型モデルが登場

現在のホンダは、クラリティ、レジェンド、アコード、インサイト、グレイス、そしてシビック(セダン)と多彩なセダン・ラインナップになっていて、シビックが2020年1月にマイナーチェンジを受ける予定になっています。

ホンダ シビック
新型ホンダ・シビックの前後デザイン

2019年11月15日、シビック・シリーズのシビック セダン、シビック ハッチバックにティザー情報がホームページで先行公開されました。

シビックは、ホンダによる「操る喜び」の提供を目指し、2017年に現行型が登場。洗練された上質な走りのセダンや、よりスポーティさが強調されたハッチバックが用意されています。

ホンダ シビック
マイナーチェンジを受ける新型シビック(ハッチバック)

今回のマイナーチェンジでは、エクステリアデザインの変更に加えて、トップロードサンルーフをハッチバックに設定することで、スポーティでより洗練されたデザインを追求したとしています。

ホンダ シビック
新型シビックに採用されるトップロードサンルーフ

先行ホームページでは、エクステリアデザインやサンルーフの写真が確認できます。

(塚田勝弘)

【関連サイト】

CIVICシリーズ先行公開ページ
https://www.honda.co.jp/CIVIC/

『ホンダ』の最新記事
新型アコードフロント
オヤジクルマに見える新型アコードは、理想的な前後重量配分を実現した走りのセダンだった
VFR750R_RC30
80年代バイクブーム全盛期に生まれた金字塔「ホンダVFR750R」リフレッシュプランにリターンライダーが感涙必至! 純正部品も再生産
accord
スポーティ度の高さが世界で評価される新型アコード。日本デビューが遅れたワケは?
アコード スタイリング前7/3
これぞホンダの底力。かなりの上級志向でレジェンドに迫る質感 【ホンダ・アコードEX試乗】
ホンダ シビックタイプR
シビック タイプRの発売が延期に…新型コロナウイルスが生産を直撃
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事