2020年にマイナーチェンジを受けるホンダ・シビックの先行ホームページがオープン【新車】

●ホンダによる「操る喜び」の提供を目指したシビックに新型モデルが登場

現在のホンダは、クラリティ、レジェンド、アコード、インサイト、グレイス、そしてシビック(セダン)と多彩なセダン・ラインナップになっていて、シビックが2020年1月にマイナーチェンジを受ける予定になっています。

ホンダ シビック
新型ホンダ・シビックの前後デザイン

2019年11月15日、シビック・シリーズのシビック セダン、シビック ハッチバックにティザー情報がホームページで先行公開されました。

シビックは、ホンダによる「操る喜び」の提供を目指し、2017年に現行型が登場。洗練された上質な走りのセダンや、よりスポーティさが強調されたハッチバックが用意されています。

ホンダ シビック
マイナーチェンジを受ける新型シビック(ハッチバック)

今回のマイナーチェンジでは、エクステリアデザインの変更に加えて、トップロードサンルーフをハッチバックに設定することで、スポーティでより洗練されたデザインを追求したとしています。

ホンダ シビック
新型シビックに採用されるトップロードサンルーフ

先行ホームページでは、エクステリアデザインやサンルーフの写真が確認できます。

(塚田勝弘)

【関連サイト】

CIVICシリーズ先行公開ページ
https://www.honda.co.jp/CIVIC/

『ホンダ』の最新記事
CBR1000RR-R_SP
ゾクゾクするほど贅沢な技術をふんだんに盛り込んで究極のパワーを実現したCBR1000RR-Rのエンジン【新型ファイアーブレード登場・2】
【新型ホンダ・フィット速攻試乗】運転支援系は標準装備! 小っちゃいくせに高級車ばりの走りに清水和夫もビックリ!【StartYourEnginesX】
CBR1000RR-R_SP
ゴリゴリの筋肉質だけどしなやかに舞う? サーキットの操縦性を追求したCBR1000RR-Rの車体【新型ファイアーブレード登場・1】
ホンダ N-BOX
ホンダの軽自動車「Nシリーズ」が登場から8年で販売台数250万台を突破
ホンダが自動運転タイプのロボット芝刈機「Miimo(ミーモ)」の実証実験をスタート
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事