愛知県で勝田選手が駆るトヨタのWRCマシンが吼えた! 【おかざきクルまつり】

■「ヤリス WRC」の迫力の走りが目前に! 愛知で勇姿を披露

2020年11月、10年ぶりに日本(愛知/岐阜)での開催が予定されている「WRC(World Rally Championship)2020」。

トヨタの「ヤリスWRC」

「WRC」はFIA(国際自動車連盟)が主催する世界ラリー選手権で、サーキットではなく、閉鎖された一般道を全開で走行するのが特徴となっています。その「WRC 2020」の最終戦として開催されるのが「RALLY JAPAN 2020」。

愛知県岡崎市の中央総合公園では、11月9日に「おかざきクルまつり」が開催され、そこでWRCに挑戦中の勝田貴元選手が駆る「ヤリスWRC」の走りが披露されました。

素晴らしいドリフト走行を魅せる勝田ドライバー

勝田選手は愛知県 長久手市出身のラリードライバーで、2012年の国内ラリーでデビュー後、現在はフィンランドを拠点に活動しています。同氏はWRCドライバーだった勝田照夫氏を父に持つ勝田範彦氏のご子息。その高い走行技量は血筋として受け継がれています。

当日は中央総合公園内に設定された特設コースを午前、午後の2回走行。第1走目に登場した勝田選手はミスコースも無く素晴らしい走りを披露。ゴール直前のパイロンコースでは爆音と共に、感動物の美しいドリフト走行を披露。早朝から会場に足を運んだ大勢の観客を楽しませてくれました。

ドリフト走行をきめてフィニッシュ!

来年日本で開催される「WRC 2020」でも勝田氏の走りが大いに期待できそうです。

Avanti Yasunori・画像:Central Rally、Avanti Yasunori)

【関連リンク】

セントラルラリー(愛知/岐阜)
https://central-rally.jp/

『モータースポーツ』の最新記事
学生フォーミュラ日本大会2019
製作から売り込みまで実習。学生フォーミュラ日本大会2021、開催へ向け参加チーム決定
スタート地点の少し先にあるこのゲートからタイム計測は開始。ゲートの向こうにはゴール地点が見える
今年・2021年で99回目を数えるパイクスピーク、歴代トップ10に入る日本人は?
日本レース写真家協会(JRPA)50周年記念写真展
プロレースカメラマンの50年!熱きモータースポーツシーンを写真で魅る【日本レース写真家協会(JRPA)写真展開催&写真集発売】

あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています