ゲンバラ、800馬力のミッドシップを独自開発! ティザースケッチ2点を初公開

ゲンバラ ハイパーカー ティザーイメージ_001

■チューニングメーカー・ゲンバラ初のハイパーカーは0-100km/h加速2.5秒

ポルシェのカスタムを中心とするドイツの老舗チューニングメーカー「ゲンバラ」は、現在新型ハイパーカーを開発していますが、その全貌がわかるティザースケッチを2点初公開しました。

ゲンバラ ハイパーカー ティザーイメージ_001
ゲンバラ ハイパーカー

ゲンバラは、「911」をメインにSUVの「カイエン」、4ドアサルーンの「パナメーラ」など、約40年にわたりポルシェをカスタマイズしてきましたが、マクラーレン「12C」、メルセデス「SLRマクラーレン」、さらにはフェラーリ「エンツォ」など、ポルシェ・クレストを持たない車までカスタムすることでも知られています。

2015年には、自動車メーカーとしても認可されており、独自開発のモデルが期待されていました。

ゲンバラ ハイパーカー ティザーイメージ_002
ゲンバラ ハイパーカー

そしてついにその夢が実現します。6月に公開されたサイドビューのスケッチに加え、今度はフロントやサイドのデザインが明確にわかるティザースケッチが初公開されました。

仕様に関しては発表されていませんが、極端に短いフロントオーバーハング、長い後部デッキからミッドシップレイアウトが予想されます。また大きくえぐられたサイドエアインテーク、巨大リアウィングを装備、フロントエンドでは、BMWやVW風のC型LEDデイタイムランニングライト、アグレッシブなエアインテークなどが見てとれます。

標準かオプションかは不明ながら、トランスミッションにMTが設定され、内燃機関エンジンを搭載し、ボディにはカーボンファイバーを多用、軽量化を図るようです。また最高出力は800ps以上、0-100km/h加速2.5秒、0-200km/h加速は6.5秒とマクラーレン「P1」より0.3秒早く、ブガッティ「シロン」に匹敵する強力なパフォーマンスが噂されています。

ワールドデビューは2020年内と予想され、開発は順調に進めば、2022年には生産が開始されるといいます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
ルノー エスパス外観_003
アルピーヌA110のエンジンを搭載! ルノー エスパスが大幅改良へ
マツダ ロードスター外観_001
2022年マツダ・ロードスター次期型が登場。パワートレインはハイブリッドで決定!?
BMW iNEXT外観_003
BMWのフラッグシップEVクロスオーバー「iNEXT」、巨大な局面ディスプレイを激写!
ヒュンダイ i20外観_002
自慢はアストンマーティン風の回転タコメーター!? 新型ヒュンダイi20、デジタルクラスタを激写
シボレー コルベットC8.R外観_004
シボレー コルベットの新型ZR1は3モーター搭載ハイブリッドで登場!?
ゲンバラ ハイパーカー ティザーイメージ_001
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事