新型BMW M4カブリオレを超接写。現行モデルから60psパワーアップした510psを発揮

■新型M4に「あの」巨大グリルは見えた?

BMWが現在開発を進める2ドアオープン「4シリーズ カブリオレ」に設定されるハードコアモデル、「M4カブリオレ」の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

BMW M4 カブリオレ外観_004
BMW M4 カブリオレ 新型 プロトタイプ

ニュルブルクリンク脇にある「BMW Mテストセンター」で駐車中をキャッチした開発車両は、ヘッドライトもまだダミーが装着され、フロントエンド全体やテールライトにカモフラージュがほどこされています。

BMW M4 カブリオレ外観_002
BMW M4 カブリオレ 新型 プロトタイプ

今世界が注目しているのは、同社がフランクフルトモーターショー2019で初公開した「コンセプト4」の巨大グリルを装備するか、という点です。

これまでで最も接近して撮影した画像からは、グリル上部のフレームがコンセプト4のデザインを反映していることがわかります。そのフレームは、角度のついた部分からヘッドライトの下に伸びているように見え、大きな鼻が隠れている様子が伺えます。

そのほか、大型化されたサイドベンチレーション、ワイドフェンダー、クロスドリル・ブレーキローターなどを装着しており、高性能モデル「M」であることは間違いないと思われます。クワッドエキゾーストパイプやリアディフューザーは、今後市販デザインへと仕上げられるはずです。

新型パワートレインは、「X3 M」や「X4 M」から流用される3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は510psを発揮、現行モデルより60psもアップするとともに、最大トルクは550Nmから598Nmへ向上すると予想されています。

BMW M4 カブリオレ外観_009
BMW M4 カブリオレ 新型 プロトタイプ

駆動方式はFRが基本ですが、前輪駆動「xDrive」がオプション設定され、キャビン内では、よりスポーティなステアリングホイール、スポーツシート、カーボンファイバー・インサートなどが追加されるはずです。

アーキテクチャには、4シリーズカブリオレ同様に「CLAR」プラットフォームを採用。ホイールベースを延長し、メタルルーフからファブリックルーフへ変更されるのも特徴となります。現行M4のハードトップは、クーペと比較し505ポンド(229kg)も重いので、この軽量化によりパフォーマンスの向上が期待できるといいます。

M4クーペ次期型は2020年半ばまでの公開、カブリオレは2020年内のワールドプレミアが予想されており、M4新型がこの強力なパワーを発揮し、巨大グリルが本当に装着されるのか、あと数ヶ月で判明します。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?