ディーラーからのDMで判明。アウディの最小モデル「A1」は12月からデリバリー!【11月1日発表済み】

■家のポストから思わぬニュースが!

アウディのちっちゃいモデルに乗っている筆者に、ディーラーからダイレクトメールが届きました。見るとアウディA1スポーツバック発売の告知じゃありませんか。

ダイレクトメール
アウディからのダイレクトメール

案内を読むと、12月からデリバリーを開始するとのこと! 本国では2018年6月に発表となり、すでに「シティカーバー」というSUVモデルまで登場しているだけに、日本発売を待ち望んでいた人も多いはず。ちょっとそのDMの中身をご紹介しましょう。

ダイレクトメール
アウディからのダイレクトメール

●最初に来るのは250台限定の「1st edition」

最近の輸入車販売では一般化していますが、最初に入ってくるのは、主要オプションをあらかじめ装備した1st editionで、250台限定のようです。エンジンは150ps/25.5kgmを発生する1.5L直4ターボで駆動方式はFF。ナビゲーションパッケージ、コンビニエンスパッケージ、アシスタンスパッケージが装着済みで、アルミホイールは17インチとなるようです。ボディカラーは4色から選べるようですね。

アウディA1 1st edition
アウディA1 Sportback 1st edition

1st edition以外のグレードとしては、「advanced」と「S line」がラインナップされるもよう。エンジンは1.5リッターのみでボディカラーは10色、各種パッケージはオプションとなる模様です。

アウディA1
ラインナップは2種類

●凝縮感が増したエクステリア

外観は、Q2などに採用済みのアウディ最新のデザインランゲージに一新されました。フロントグリル上部のエアスリットや幅広のCピラー、前後フェンダーの膨らみは、アウディの偉大なアイコン、スポーツクワトロから引用されたものです。筆者は怒った子犬のような顔つきが可愛くて大好きです!

A1とスポーツクワトロ
アウディA1とスポーツクワトロを並べたイメージスケッチ
アウディA1
アウディA1のフロント(本国仕様)
アウディA1
アウディA1のリア(本国仕様)

ボディサイズは全長4040mm、全幅1740mm、全高1435mm。現行A1と比較すると55mm長く、10mm高くなっているようです(全幅は変わらず)。

●インテリアではボディカラーを差し色に

室内は、シフトレバー周りやエアコン吹き出し口の一部にボディカラーを差し色として採用。若々しさと高級感が両立するデザインとなっています。メーターパネルを様々に切り替えられるバーチャルコックピットもオプション設定されるはず。メインの液晶パネルはダッシュボードに統合されました。

アウディA1
アウディA1の運転席周り(本国仕様)
A1のダイレクトメール
ダイレクトメールのインテリアのページ

●気になる価格は未公表

個人的にはコンパクトカー史に残るかっこいいクルマだと思うので、価格が気になるのですが、ダイレクトメールには残念ながら記載はありませんでした。Q2の価格が参考になるかと思うのですが、エンジンが1.5リッターということを考えると、ベースとなるAdvancedが350万~360万円くらい、1st editionは450万円以上になるのかなと予想します。

ともかく個性あふれる小型車なので、早く実車が見たい。皆さん発売を楽しみに待ちましょう。

追記:11月1日に新車発表が行われました。

(文:角田伸幸)

【関連記事】

新型アウディA1スポーツバックが登場!1.0Lと新開発1.5Lエンジンを設定し、1.5Lの価格は365万円〜【新車】
https://clicccar.com/2019/11/01/926740/

装備の違いは? オプションは? 新型アウディA1スポーツバックのグレードを比べてみた【新車】
https://clicccar.com/2019/11/02/926993/

『アウディ』の最新記事
アウディA1
最低地上高を40mm高めた「Audi A1 citycarver limited edition」が250台限定で登場
Q3・アイキャッチ
大らかさとスポーティの作り分け。新型「Q3」と「Q3 Sportback」の周到なデザイン戦略とは?
アウディ イートロン スポーツバック
アウディe-tron Sportbackは、EVらしくアクセル操作に即座に反応する豪快な加速フィールと高い静粛性が自慢
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事