オーバーフェンダー装備! 日産リーフにツインモーター4WD仕様が登場【週刊クルマのミライ】

■サーキットマシンと同じく、前後にモーターを積んだスーパー4WDマシン

東京モーターショー2019の開幕に合わせるかのように、日産が電気自動車リーフのリサーチモデルを発表しました。

『電動駆動 4輪制御技術を搭載したテストカー』と、ある意味では硬派な呼び名で紹介されるクルマは、日産リーフe+をベースに前後にモーターを搭載したというスーパー4WDです。

日産リーフ 4WDテストカー
日産リーフ 4WDテストカー システム最大出力227kW、最大トルク680Nm

これは近未来のEVに採用を考えているという、「まったく新しい電動4WD技術」を搭載しているのがアピールポイント。

リーフe+の駆動モーター「EM57」を前後に搭載することでハイパワーを実現しているだけでなく、電気モーターならではの緻密な出力コントロールと回生も含めたブレーキ制御を組み合わせることで異次元のコーナリング性能が期待できるスポーツ4WDという側面も持っているようです。

そうした意思はディテールにも感じられます。前215/55R17、後235/50R17というコンチネンタルタイヤは、スポーツホイールの代名詞ともいえるレイズTE37に組み合わされています。また前後にはオーバーフェンダーが備わっているのも、そこはかとない凄みを漂わせています。

日産リーフ 4WDテストカー サイド
日産リーフ 4WDテストカー

よく見れば、後輪のブレーキキャリパーの装着位置はベースモデルとは異なっています。つまり、アップライトごと別モノになっていると予想されます。駆動を受け止めるのですからハブ周りが変わるのは当たり前ですし、サスペンションも独立懸架になっていることでしょう。

そういえば、市販されているリーフの駆動モーターを前後に搭載したツインモーター4WDといえば、日産がプロモーション用に製作したサーキット専用マシン「リーフ NISMO RC」があります。その開発におけるノウハウが市販車にフィードバックされることを、新たに発表されたリーフe+をベースとした電動駆動 4輪制御技術を搭載したテストカーは暗示しているのかもしれません。

いずれにしても、680Nmというシステム最大トルクが生み出す加速が凄まじいことは間違いありません。そう遠くない未来には、日産の電気自動車が「エンジン車を超えるハイパフォーマンス」というイメージを手に入れていることは確実といえそうです。

NISSAN LEAF NISMO RC
東京モーターショー2019に展示された日産リーフNISMO RC

それにしても、オールドスタイル由来というイメージの強いビス止めオーバーフェンダーが、最新の電気自動車にこれほどマッチするというのも、このテストカーでの発見といえるかもしれません。

(山本晋也)

『クルマのミライ』の最新記事
L6_diesel_48MHEV
マツダが2022年以降に発売するFRプラットフォームを公開。ロードスターとは異なる新世代設計となっている!【週刊クルマのミライ】
fit-ness
デビューから1年で販売が低迷するフィット。月販2000台の背景とは?【週刊クルマのミライ】
nissan ariya hoshino
日産の星野副社長もオススメする「電気自動車の正しい充電方法」とは?【週刊クルマのミライ】
Honda Vezel Z AWD
ホンダ・ヴェゼルのライバルはスバル・レヴォーグ説をとなえたい【週刊クルマのミライ】
ヴェゼルハイブリッドZ
電動化時代へ最後の抵抗!? 新型ヴェゼルはハイブリッドでもホンダサウンドが楽しめる【週刊クルマのミライ】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事