ポルシェ・ケイマンにさらなる最強モデルが登場! 450馬力の「GT4 RS」開発車両をスクープ

●718ケイマンGT4を上回る最強モデル「GT4 RS」が開発中

ポルシェは、6月にエントリークーペ「718ケイマン」に高性能「718ケイマンGT4」を設定したばかりですが、その頂点に君臨するハードコアモデル「718ケイマンGT4 RS」の開発車両をカメラが初めて捉えました。

ポルシェ 718ケイマン GT4 RS外観_004
ポルシェ 718ケイマン GT4 RS 開発車両

注目はリアウィングです。これは現在開発中の「911GT3」プロトタイプが装着しているものと同一です。

718ケイマンGT4と比較すると、大型で高さがあることがわかりますが、市販型では修正がくわえられるでしょう。またボンネットフードにNACAダクトを装備するほか、リアクォーターウィンドウに通気口らしきものも確認できます。しかしこれがミッドマウントエンジンへ空気を導くための冷却ダクトかどうかは不明です。

なおヘッドライトにも違いが見られますが、こちらはダミーの可能性が高いようです。

ポルシェ 718ケイマン GT4 RS外観_007
ポルシェ 718ケイマン GT4 RS 開発車両

フロントバンパーをはじめ、リップスポイラー、サイドエアスクープ、サイドスカート、ディフューザー、エキゾーストシステム、イエローのブレーキキャリパーはGT4と同一のようで市販型でも継承されると予想されます。

もう一つ気になる点がガラス越しに見えるキャビン内の様子で、縦型の大きなディスプレイが見てとれます。パワートレインや、他システムからのデータを表示するモニターの可能性もありますが、コックピットに大きな変化が見られるかもしれません。

注目のパワートレインは、GT4では4.0リットル・フラット6NAエンジンを搭載、最高出力は420psを発揮します。しかしGT4 RSでは最高出力が450psまでブーストアップ、GT3との間を埋めるモデルとなりそうです。

ポルシェは、ケイマンGT4をデビューさせたばかりのため、GT4 RSのワールドプレミアは、最速でも2020年半ば以降となるはずです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?