デミオ改め「MAZDA2」の新車装着タイヤに横浜ゴムの「BluEarth-GT AE51」が選定

●MAZDA2の「乗って、運転して感じる質感」を支える「BluEarth-GT AE51」

長年愛されてきたデミオから車名を変更し、2019年9月から発売されている「MAZDA2」。

横浜ゴムは「MAZDA2」の新車装着(OE)用タイヤとして「BluEarth-GT AE51」の納入を開始したと発表しました。装着サイズは185/65R15 88Sです。

BluEarth-GT AE51
横浜ゴムの「BluEarth-GT AE51」がMazda2の新車装着タイヤに選定された

「BluEarth-GT AE51」は「環境性能のさらなる向上+人に、社会にやさしい」をテーマとした横浜ゴムのグローバルタイヤブランド「BluEarth」の基盤設計や材料技術を採用。走行性能、快適性能、環境性能など、全方位において優れた高いグランドツーリング性能を持ったタイヤです。

同社は、先進タイヤ技術「BluEarth」テクノロジーを投入したタイヤの開発を積極的に進めていて、「BluEarth」シリーズのタイヤは、最新のセダンやSUV、スポーティーカー、コンパクトカーなどに幅広く新車装着されています。

MAZDA2
2019年9月にマイナーチェンジを受けたMazda2

MAZDA2は「日常を豊かにする上質なパーソナルカー」をコンセプトに、普段の生活の中でユーザーが感じる“質感“にもこだわったマツダブランドへの入り口を担うクルマ。

動き出した瞬間からまるでクルマが自分と一体になったかのような自然な感覚で運転でき、気持ちに余裕が生まれ、心から毎日の運転を楽しめることを目指し、操縦安定性、乗り心地、静粛性といった「乗って、運転して感じる質感」の領域にもこだわって作りこまれています。

その「MAZDA2」の走りを横浜ゴムは「BluEarth-GT AE51」で支えるとしています。

(塚田勝弘)

『マツダ』の最新記事
デミオSKYACTIV-D 1.5L 6EC-AT i-ELOOP
クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」搭載車が国内累計販売50万台を達成。国内の2台に1台はマツダ車になる計算
マツダ3
ガソリン、ディーゼル、SKYACTIV-X。それぞれの走りや燃費はどう違う?【MAZDA 3試乗記】
マツダ CX-30
ガソリン仕様は予想以上の実力者! 取り回し、ハンドリング、快適性のバランスはマツダSUVでベストか【MAZDA CX-30】
CX-3以上・CX-5未満の新型SUV。室内とラゲッジの広さ、乗り降りのしやすさは?【マツダCX-30試乗記】
マツダ ロードスター
マツダ・ロードスター/RFが一部改良。新ボディカラーや内装の質感向上、新アルミホイールで走りをブラッシュアップ【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事