ヴァンテージ風テールライトが初露出! アストンマーティン初のSUV「DBX」は自社製V12搭載か?

アストンマーティン DBX外観_006

●「DB11」から流用する自社製5.2リットルV型12気筒ツインターボエンジンを搭載?

アストンマーティン初のクロスオーバーSUV、「DBX」の市販型プロトタイプをカメラが捉えました。

アストンマーティン DBX外観_006
アストンマーティン DBX 市販型 最新プロトタイプ

捉えた最新の開発車両は、湾曲したLEDデイタイムランニングライトを備えるシャープなヘッドライト、ラジエーターグリル、コーナーエアインテーク形状は、これまで公式に公開されたプロトタイプからほぼ変化はみられませんが、テールエンドでは、センターにフィンを装備する生産型のルーフマウントスポイラー、2ドアスポーツ「ヴァンテージ」風テールライトが初めて露出しています。

おそらく、テールゲートの顕著な折り目にそってLEDストリップライトも装備されるのではないかと思われます。またアグレッシブなバンパーにマウントされた極太ツインエキゾーストパイプ、同社の特徴的ポップアップドアハンドルも確認できます。

アストンマーティン DBX外観_001
アストンマーティン DBX 市販型 最新プロトタイプ

心臓部には、最高出力510psを発揮するメルセデスAMG製の4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンの搭載が予想されていますが、最新情報では「DB11」から流用する自社製5.2リットルV型12気筒ツインターボエンジンも噂されています。さらにメルセデスベンツのハイブリット技術を採用した電動モデルなどのラインアップも期待できそうです。

DBX市販型のワールドプレミアは12月と発表されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
ジャガー XF 外観_003
ジャガーXFに改良型登場。「I-Pace」から新テクノロジーの投入も
ロータス エラン コンセプト外観_001
ロータス・エラン、25年ぶりに復活の可能性! 標的はポルシェ ボクスター
フォード ブロンコ ティザーイメージ_003
24年ぶり復活へ! フォード伝説のオフローダー「ブロンコ」は2020年春にデビュー
メルセデス AMG GLA45外観_001
2020年のセグメントキングは俺だ! 最大421馬力のメルセデス AMG GLA45をスクープ
ランチア ストラトス現代版
ランチア伝説の「ストラトス・ゼロ」が蘇る!? 現代版を大予想
アストンマーティン DBX外観_006
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事