鈴鹿10時間耐久はオフィシャルカーも桁違い! ゾンダ・レボリューションが鈴鹿に登場【SUZUKA 10H】

パガーニ・ゾンダ・レボリューション01

●世界限定5台・価格は3億円以上のハイパーカーが「OFFICIAL CAR」?

鈴鹿サーキットで開催中の「BHオークション SMBC 鈴鹿10時間耐久レース」。24日にはコース上でメインレースの予選が行われたほか、サポートレースとなるアウディスポーツR8 LMSカップやポルシェ・スプリント・チャレンジ・ジャパン が開催されました。

多くの観客がレースを楽しんでいる頃、パドックには1台の見慣れないマシンが運び込まれました。

パガーニ・ゾンダ・レボリューション01
鈴鹿サーキットに運び込まれたパガーニ・ゾンダ・レボリューション

イタリアにあるパガーニ・アウトモビリ社のゾンダシリーズの中でも最終形態といえるモデル、ゾンダ・レボリューションです。

このゾンダ・レボリューションは世界で5台のみの限定生産車で、オーダー当時は220万ユーロ(当時のレートで3億円以上)という、性能も値段も破格のサーキット専用モデルです。

パガーニ・ゾンダ・レボリューション02
ドアにはオフィシャルカーの文字が!

そんなレアなマシンのドアにはしっかりと「OFFICIAL CAR」の文字が。翌日の10時間レースではどんなタイミングで、どう運用されるのか非常に気になるところです。

パガーニ・ゾンダ・レボリューション03
ピットに運び込まれるパガーニ・ゾンダ・レボリューション

テールにつけられた「ZONDA REVOLUTION」のエンブレムも、レボリューションであることをしっかりと主張しています。このあとピットに運び込まれたゾンダ・レボリューションの出番に期待しましょう。

(H@ty)

『モータースポーツ』の最新記事
GAZOO Racing Companyプレジデント 友山茂樹氏も
WRCスウェーデンラリーは、トヨタが1&3位のW表彰台! あ~楽しかった!!
タイトル画像
WRC第2戦スウェーデン1日目。ヤリスWRCのエバンス選手が首位に立つ!
勝田貴元選手
WRC第2戦スウェーデン開幕。雪は少なめでもファンサービスは本番前から全開!
戦いを持つトヨタ・ヤリスWRC
働くクルマを見ているだけでも面白い! WRCラリースェーデン開幕
車椅子の元GPライダー・青木拓磨選手
フォーミュラE横浜招致をめざして。 車椅子の元GPライダー青木拓磨選手「ジャガー I-PACE eTROPHY」に参戦!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事