鈴鹿10時間耐久はオフィシャルカーも桁違い! ゾンダ・レボリューションが鈴鹿に登場【SUZUKA 10H】

●世界限定5台・価格は3億円以上のハイパーカーが「OFFICIAL CAR」?

鈴鹿サーキットで開催中の「BHオークション SMBC 鈴鹿10時間耐久レース」。24日にはコース上でメインレースの予選が行われたほか、サポートレースとなるアウディスポーツR8 LMSカップやポルシェ・スプリント・チャレンジ・ジャパン が開催されました。

多くの観客がレースを楽しんでいる頃、パドックには1台の見慣れないマシンが運び込まれました。

パガーニ・ゾンダ・レボリューション01
鈴鹿サーキットに運び込まれたパガーニ・ゾンダ・レボリューション

イタリアにあるパガーニ・アウトモビリ社のゾンダシリーズの中でも最終形態といえるモデル、ゾンダ・レボリューションです。

このゾンダ・レボリューションは世界で5台のみの限定生産車で、オーダー当時は220万ユーロ(当時のレートで3億円以上)という、性能も値段も破格のサーキット専用モデルです。

パガーニ・ゾンダ・レボリューション02
ドアにはオフィシャルカーの文字が!

そんなレアなマシンのドアにはしっかりと「OFFICIAL CAR」の文字が。翌日の10時間レースではどんなタイミングで、どう運用されるのか非常に気になるところです。

パガーニ・ゾンダ・レボリューション03
ピットに運び込まれるパガーニ・ゾンダ・レボリューション

テールにつけられた「ZONDA REVOLUTION」のエンブレムも、レボリューションであることをしっかりと主張しています。このあとピットに運び込まれたゾンダ・レボリューションの出番に期待しましょう。

(H@ty)

『モータースポーツ』の最新記事
トップを快走する地頭所選手
白熱のEVレース第2戦、ポルシェ・タイカンが2連敗? テスラモデル3は土つかず【JEVRAシリーズ】
AJECrd1ダイハツ・エッセ
ダイハツ・エッセの熱い戦いが再び。AJEC 2021シーズンが開幕
塚本奈々美の願い。AE86で気軽にドリフトモータースポーツに触れて欲しい!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事