【SUPER GT2019】真夏の富士500mile、GT300予選は埼玉トヨペットが初ポールポジション!

8月3〜4日に富士スピードウェイで開催中のSUPER GT第5戦『FUJI GT 500mile RACE』。その予選が8月3日の14時50分から行われました。

予選を制したのは52号車 埼玉トヨペットGB マークX MC。チーム創設以来初のGT300クラスポールポジションを獲得しました。

ノックアウト式で行われた予選。Q1を1分37秒521のトップタイムで1位通過したのはタイでラストラップまで首位を守っていた56号車 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R。

Q2では10分の走行時間の残り3分ほどで各チームがアタックを本格化。61号車 SUBARU BRZ R&D SPORTが1分37秒652で37秒台に入れると25号車 HOPPY 86 MCが1分37秒394でトップに!

しかし埼玉トヨペットGB マークX MCの吉田広樹選手が1分37秒320を叩き出します。ここでトップタイムとなった埼玉トヨペットですがチェッカー間際にはさらにダメ押しの1分37秒316というタイムポールポジションを獲得しました。

午前中のフリー走行でもトップタイムをマークしていたものの、Q1では計器類のすべてが表示しなくなるというトラブルが発生。脇阪薫一選手はそれでもギリギリでQ1を突破し、GT500クラスのQ1の最中に修復をして臨んだというQ2で見事にポールポジションを獲得したのです。

Q2を担当した吉田広樹選手は人生で初のSUPER GTでのポールポジション。

そしてチームにとっても創設以来のSUPER GTポールポジションとなりました。

デビュー戦の2017年開幕の岡山では3周でリタイアという苦汁をなめながらも参戦し続け、今年の開幕戦岡山では初の表彰台、そして今回の初ポール。着実に実力をつけつつあるのが埼玉トヨペットGB マークX MCなのです。

なお予選2位は HOPPY 86 MC、3位には360号車 RUNUP RIVAUX GT-Rが入ります。フロントローがマザーシャーシマシンというラインナップとなりました。

GT500クラスは、Q1とQ2の両方を制したNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rが今季3度目のポールポジションを獲得。

ラスト2分を切ったところで MOTUL AUTECH GT-Rが1分28秒519でトップに躍り出ます。その直後を追いかけるようにアタックをしていた17号車 KEIHIN NSX-GTが1分28秒747の2番手タイムを叩き出します。しかしその直後のTGRコーナーでクラッシュ。赤旗提示により予選が終了となります。

その赤旗でMOTUL AUTECH GT-Rのポールポジションが確定。

予選2番手は3号車 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R。フロントローは2台ともミシュランタイヤのGT-Rとなりました。

予選3位は19号車 WedsSport ADVAN LC500となっています。

決勝レースは8月4日の13時30分にスタート。500mileつまり800㎞という今シーズンのSUPER GTでは最長のロングディスタンス。いったいどんなドラマが生まれるのでしょうか?

(写真・文:松永和浩)

『スーパーGT』の最新記事

SuperGT2019_Fuji500_033
【SUPER GT 2019】表彰台、ポイント獲得とModulo勢にとって大きなターニングポイントとなった富士500mile(PR)
史上初の競演! スーパーGTとDTMの特別交流戦の詳細が発表
【SUPER GT 2019】富士500マイルでModulo 34号車が3位表彰台。64号車も10位完走でポイントゲット
スーパーGT2019 富士20
奇襲?奇策?予想外の展開でT-DASH ランボが富士500マイルで初優勝!【SUPER GT 2019】
2019スーパーGT第5戦富士_07
2度のセーフティカーが明暗を分けたGT500は6号車WAKO’Sが2連勝!【SUPER GT 2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事