積むのは新ロータリー、それとも直6? マツダ・RX-8ベースの開発車両、2年ぶりに始動

●2020年に創立100周年をむかえるマツダの動きから目が離せない

マツダの「RX-8」をベースとする謎の開発車両がニュルブルクリンクで目撃されました。

今回は2台の開発車両が目撃されており、1台はフロントマスクにカモフラージュが施されたプロトタイプで、もう1台はラジエーターグリル、エアインテークが拡大されたプロトタイプです。写真は2017年に撮影されたプロトタイプですが、これと同じ車両が高速テストを再開したようです。

2年の沈黙を破り、再び開発がスタートしたようですが、今年に入りマツダはロータリーエンジンの特許を出願しており、そのテストの可能性があるようです。

新型ロータリースポーツには、レンジエクステンダーを採用したツイン・ロータリーエンジンを搭載するハイブリッドが予想されています。しかしマツダは現在、SKYACTIV-XやFR直列6気筒モデルの開発を中心にしており、そのテスト車両の可能性も否めないです。

現在の状況からみて、ロータリースポーツモデルが市販化へ向けて一気に突き進む様子はありません。実際、2年以上経過して同じプロトタイプというのは通常ありえず、かなりゆったりと開発が進められているようです。

ただし、ロータリーエンジン搭載スポーツモデルに関しては開発が進行しているという情報も伝えられており、創設100周年となる2020年に向けてマツダから目が離せそうにありません。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ポルシェ パナメーラ外観_003
ポルシェ パナメーラの改良型には48Vマイルドハイブリッドが初設定。2ドアやオープンも設定!?
ホンダ フィット クロスオーバー予想CG
新型ホンダ フィットに初のSUVバージョンが設定!? エクステリアを大胆予想
インフィニティ ブラックS_外観003
インフィニティ最速の電動クーペ「ブラックS」がいよいよ市販化?
ブガッティ SUV 予想CG_001
初の3ドアSUV&世界最速モデルを開発中。ブガッティのCEOが語った驚異の計画とは?
アウディ RS Q3 外観_001
0-100km/h加速は驚異の3.9秒。新型アウディRS Q3がニュルで高速テスト
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事