特許画像から大胆予想。新型EV「ホンダe」のクーペ版が開発中!?

●ミッドシップ風ボディスタイルで走りのイメージを強調

ホンダは、グッドウッドフェスティバルオブスピード2019にて新型EV「ホンダe」の最新プロトタイプを初公開するとともに、スペックを発表しましたが、そのクーペ版と言えそうな2ドアEVスポーツが開発されている可能性が高いことがわかりました。

ホンダは2017年東京モーターショーにて、EVクーペ「スポーツEVコンセプト」を発表。丸眼ヘッドライトにロングノーズ&ショートデッキを持つレトロチックな2ドアEVクーペですが、そのデザインを継承するエクステリアが予想されます。ホンダはすでに特許画像を申請しており、その流出画像をベースに市販型予想CGを制作しました。

ヘッドライト、ホイールなど所々のパーツは「ホンダe」と共有する可能性もありそうです。フロントエンドは、グリルデザインをよりスポーツ性を強調させたシャープなデザインとなり、バンパー部分は両端に切れ込みを入れることで立体的な印象に。フロント、リアのハウス部分は大胆とも言える大きな膨らみを持たせ、スポーツバージョンであるための走りのイメージが強調されミッドシップ風ボディスタイルが特許画像からも確認できています。

スペックは不明ですが、「ホンダe」の150psを大きく超える可能性もあります。さらに、このボディスタイルなら「タイプR」のライトバージョンなどが設定される可能性もあるかもしれません。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
クプラ フォーメンターVZ_003
中身はアウディRSQ3。クプラの強力クーペSUV「フォーメンターVZ」のプロトタイプをキャッチ
マクラーレン 新型モデル ティザーイメージ
マクラーレン次世代V6ハイブリッドカー、市販型は「アルトゥーラ」に確定。2021年前半デビューへ
スバル BRZ STI
これを待っていた! 新型スバルBRZ、高性能モデル「STI」の発売は!?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事