トヨタ・ヤリスに「GRMN」設定か? ニュルで開発車両をスクープ

●1.6リットル直列3気筒ターボで最高出力は250ps以上!?

トヨタのコンパクトハッチバック「ヤリス」(日本名:ヴィッツ)次期型に設定される、高性能バージョンと思わる開発車両をカメラが捉えました。

「スープラ」同様のカモフラージュが施された開発車両は4月にも捉えていますが、今回捉えた車両はゴールドの大径ホイール、フロントスポイラー、大型ルーフスポイラーが装備されており、以前とは異なる試作車のようです。

カメラマンによると「GR SPORT」または「GRMN」の可能性があるようです。「GR」ブランドは、トヨタGAZOO Racingによりモータースポーツから継承するノウハウを注入したスポーツカーシリーズで、ハイエンドに「GRMN」、高性能モデルとして「GR」、そしてエントリーグレードとして「GR SPORT」がラインアップされています。

ヤリスのパワートレインは、新開発の1.3リットル直列3気筒ガソリンエンジン、及び1.5リットル直列3気筒ガソリンエンジンをラインアップするほか、1.5リットル直列3気筒+電気モーターのハイブリッドが設定されます。GRシリーズの最高出力に関する詳細は入っていませんが、「GRヤリス」では1.6リットル直列3気筒ターボエンジンを搭載。最高出力は250ps以上と噂されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ポルシェ パナメーラ外観_003
ポルシェ パナメーラの改良型には48Vマイルドハイブリッドが初設定。2ドアやオープンも設定!?
ホンダ フィット クロスオーバー予想CG
新型ホンダ フィットに初のSUVバージョンが設定!? エクステリアを大胆予想
インフィニティ ブラックS_外観003
インフィニティ最速の電動クーペ「ブラックS」がいよいよ市販化?
ブガッティ SUV 予想CG_001
初の3ドアSUV&世界最速モデルを開発中。ブガッティのCEOが語った驚異の計画とは?
アウディ RS Q3 外観_001
0-100km/h加速は驚異の3.9秒。新型アウディRS Q3がニュルで高速テスト
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事