【新車】ヘリテージをコンセプトに企画された日本特別限定車「ロータス・エリーゼ ヘリテージ エディション」が30台限定で登場

●3色のストライプペイントと3色のインテリアレザーが際立つエリーゼの限定車

ロータスカーズの正規輸入代理店であるエルシーアイは、2019年7月19日から「ロータス・エリーゼ ヘリテージ エディション」の受注を開始すると発表しました。

ベース車は「エリーゼ スポーツ 220Ⅱ」で、ヘリテージをコンセプトに企画された日本特別限定車です。販売台数は30台、納車は2019年8月から開始され、価格は7,751,700円となります。

搭載されるエンジンは1.8Lのスーパーチャージャーエンジンで、最高出力220ps・トルク250Nm。車両重量は904kgで、ライトウェイトにふさわしい軽量モデルに仕上がっています。

ボディカラーは、カタログモデルには用意されていない、深みのあるホワイトの「オールドオインクリッシュホワイト」に、ヘリテージレッド/ヘリテージグリーン/ヘリテージブルーのストライプペイントのコーディネイト。足元はブラックホイールで引き締められ、ディーラーオプションのデタッチャブルハードトップが標準装備されています。

一方の内装は、こちらも通常のラインナップでは未設定のボディ同色オールドイングリッシュホワイトのインテリアカラーパックが用意されます。さらに、3色のストライプペイントにマッチする特別なインテリアレザー(ベノムレッド/アロエグリーン/ノットブルー)、フロアマットとオーディオも標準装備。

ストライプと内装色の組み合わせは、「ヘリテージレッド・ストライプペイント+ベノムレッド・インテリアレザー」「ヘリテージグリーン・ストライプペイント+アロエグリーン・インテリアレザー」「ヘリテージブルー・ストライプペイント+ノットブルー・インテリアレザー」で、各10台となっています。

(塚田勝弘)

『ロータス』の最新記事
ロータス・エヴァイヤ
ロータスのハイパースポーツEV「Evija」は、市販車として世界最強の最高出力2,000psを掲げる【新車】
【新車】史上最強を謳うエリーゼ。「ロータス・エリーゼ カップ 250 GP EDITION」が20台限定で登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事