マークレスグリルなど特徴的なスタイリング。ローウェンが強面仕様のトヨタC-HRを初公開

●Toyota Safety Senseもしっかり動作。アグレッシブなエクステリアに仕上げられたC-HR

レクサスをはじめとする国産メーカーから、フェラーリ、ランボルギーニなどスーパーカーまで手がける日本のカスタムメーカー「Rowen International」(ローウェン・インターナショナル)が、トヨタ「C-HR」の最新ボディキットを初公開しました。

C-HRのカスタムといえば、「ヴァルド インターナショナル」が大型ホイールや専用の照明ユニットを装備したボディキット発表していますが、こちらはさらにスポーティファクターが高められた一台といえそうです。

公開された画像からは、大型フェンダー、サイドスカート、チャンキーバンパーなどのワイドボディキットが見てとれるほか、専用のLED、新デザインのホイール、ヘッドライトガーニッシュ、そしてトヨタ・エンブレムを外したマークレス・グリルを装着。かなりアグレッシブに、そして強面のエクステリアに仕上げられています。

フロントエンドにこれだけ手を加えているにもかかわらず、トヨタ純正「Safety Sense」システムとの互換性を持ち、作動するのは安心ですが、わずかにレーダーの感度は落ちるといいます。

キャビン内には「RECARO」スポーツシートや専用にデザインされたパネル、足まわりには高性能ブレーキシステム、さらにはカスタムされたエキゾーストパイプなどを装備しています。

(APOLLO)

『トヨタ自動車』の最新記事

出演者
GRスープラとレースクイーンの競演! GR GARAGE東京三鷹でレースクイーン撮影会が開催
トヨタ自動車ソリューションサービス
「トヨタソリューションサービス」は社用車を利用する法人向けのソリューションサービス
トヨタHSR
ロボット分野でも生活を支える存在を目指すトヨタ自動車。「Preferred Networks」と共同で研究開発を実施へ
東京都とオリックス自動車がトヨタ・MIRAIのカーシェアリングをスタート
【新車】トヨタ自動車の燃料電池バス「SORA」が一部改良を実施!! 「ITS Connect 路車間通信システム」や「ITS Connect 車群情報提供サービス」など自動運転にもつながる制御、機能を搭載
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事