マークレスグリルなど特徴的なスタイリング。ローウェンが強面仕様のトヨタC-HRを初公開

●Toyota Safety Senseもしっかり動作。アグレッシブなエクステリアに仕上げられたC-HR

レクサスをはじめとする国産メーカーから、フェラーリ、ランボルギーニなどスーパーカーまで手がける日本のカスタムメーカー「Rowen International」(ローウェン・インターナショナル)が、トヨタ「C-HR」の最新ボディキットを初公開しました。

C-HRのカスタムといえば、「ヴァルド インターナショナル」が大型ホイールや専用の照明ユニットを装備したボディキット発表していますが、こちらはさらにスポーティファクターが高められた一台といえそうです。

公開された画像からは、大型フェンダー、サイドスカート、チャンキーバンパーなどのワイドボディキットが見てとれるほか、専用のLED、新デザインのホイール、ヘッドライトガーニッシュ、そしてトヨタ・エンブレムを外したマークレス・グリルを装着。かなりアグレッシブに、そして強面のエクステリアに仕上げられています。

フロントエンドにこれだけ手を加えているにもかかわらず、トヨタ純正「Safety Sense」システムとの互換性を持ち、作動するのは安心ですが、わずかにレーダーの感度は落ちるといいます。

キャビン内には「RECARO」スポーツシートや専用にデザインされたパネル、足まわりには高性能ブレーキシステム、さらにはカスタムされたエキゾーストパイプなどを装備しています。

(APOLLO)

『トヨタ自動車』の最新記事
トヨタが海外で発売したSUV「カローラ クロス」を国内発表した理由とは?
「日本では買えない3列シートSUV」トヨタ・ハイランダーに試乗。日本では味わえない乗り味とは?
トヨタ 2000GT
今度はあのトヨタ 2000GT。A70/A80スープラに続いて補給部品を復刻へ
トヨタ・スペイド
トヨタ・ポルテ/スペイドに「パーキングサポートブレーキ」が加わった特別仕様車が登場【新車】
トヨタ
高齢ドライバーなどのペダル踏み間違いを防止!急加速事故を抑制する後付けシステム「踏み間違い加速抑制システムⅡ」をトヨタが発売開始
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事