タイ王国の守護神(?)「チャーン嵯峨」がスーパーGTに降臨【SUPER GT 2019】

●恒例のドライバーアピアランス。今回は…?

6月29〜30日に、タイはブリーラムにあるチャーン・インターナショナルサーキットで開催されたスーパーGT第4戦。日曜日にはピットウォークに先駆けて、オールドライバーアピアランスが行われました。

今回も、毎戦追いかけている31号車のピットに向かいます。

中山友貴選手、いつ見ても凛々しいですね。

ところが肝心の嵯峨選手の姿が見えません。そうこうしているうちにアピアランスが開始され、淡々と各チームが映像で紹介されていきます。そしていよいよ31号車の順番となり、中山選手が指し示したその先には……

タイの方々にはとても馴染みのある象に乗ったレースクイーンさん……ではなく象になった嵯峨選手ではありませんか!

タイ語では象の事を「チャーン」と呼び、生活に深く関わっている神聖な動物です。

そんな「チャーン嵯峨」選手に願掛けしてもらったので、31号車復活の日も近い……かもしれません。

(H@ty)

『スーパーGT』の最新記事

【SUPER GT2019】第4戦のタイでシーズン折返し。Modulo勢2台のSUPER GT、2019シーズン前半を振り返る(PR)
【SUPER GT 2019】6年ぶりの優勝を果たしたLEXUS TEAM LEMANS WAKO’S。その時ピットでは?
【SUPER GT2019】GT300はラストラップでトップ入れ替わり!アツい熱いSUPER GTタイ戦決勝
ドライブレコーダーのシェア国内No.1のKENWOOD。その生産拠点・タイ工場を見学してきた
【SUPER GT2019】ホンダModulo勢のタイラウンド。34号車NSX GT3は大どんでん返しのポイントゲット! 64号車もGT500ホンダ勢トップ!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事