フェラーリ初のクロスオーバーSUV「プロサングエ」のデザインを大予想!

フェラーリが現在開発を進めている初のクロスオーバーSUV「プロサングエ」の最新予想CGを入手しました。

イタリア語で「サラブレッド」を意味するプロサングエは、新開発のフロント・ミッドエンジン・アーキテクチャに載せられた「スポーツ・ユーティリティ・ビークル」になると見られています。

届いた最新の予想CGでは、スポーティなC型ヘッドライト、ポップアップドアハンドルなどユニークなスタイリングソリューションを特徴しながらも、「488GTB」などから継承するアグレッシブなボンネットフードを持ち合わせています。

パワートレインの詳細は不明ですが、最新情報では新型モデル「SF90 Stradale」から流用されるハイブリッドシステムを搭載、3.9リットルV型8気筒ガソリンターボエンジンに3個の電気モーターを搭載するのではないかと噂されています。その場合、システム合計最高出力はライバルとなるランボルギーニ「ウルス」の650psを大きく上回る可能性もありそうです。

開発が順調に進めば、2021年にも世界デビューが予想されています。フェラーリでは、このSUVにより年産12,000台以上を視野に入れていると見られており、同ブランドにとって大きな転換期となるかもしれません。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

メルセデス・ベンツ SLの次期型は2021年登場? ダイナミックな快適性を持つモデルに進化
マツダ新型2ドアクーペを開発中か!? MAZDA「MX-30」の商標登録完了
新型ジュークのデビューは9月3日。日産自動車がヘッドライトをティザー公開
デビューは9月が濃厚。新型 GLEクーペ、専用パーツが露出
電動化は見送り?新型「 ポルシェ・911 GT3」は威圧的な巨大ウィングを装備
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事