ランボルギーニ・ウルスがライバル! 新型BMW・X6Mの最終デザインを確認

BMWのハードコア・クロスオーバーSUV「X6M」の開発車両を、これまでで最も軽いカモフラージュ姿でカメラが捉えました。

ニュルで捉えた最新プロトタイプは、フロントエンドに顕著なリップスポイラーを装着。大型のハニカムメッシュ・エアインテークの形状が確認できるほか、ワイドなキドニーグリルの右側には「X6M」のバッジを隠す小さな黒いバネルも見てとれます。

足元には、19インチホイールにミシュラン・パイロットスポーツ4タイヤを装着し、クロスドリル・ローターを備えるブルーブレーキキャリパーも確認できます。

コックピットには、新型「X5」からキャリーオーバーされる12.3インチのデジタルクラスタやインフォテインメントシステムを装備するほか、レザーステッチMステアリングホイール、カーボンファイバートリム、コントラストステッチのついたMブランドシフターなどでスポーティに仕上げられています。

心臓部には4.4リットルV型8気筒ツインターボ「S63」エンジンを搭載し、最高出力625ps・最大トルク750Nmを発揮します。これはライバルメルセデスAMG「GLE63クーペ」の585psを超えるとともに、ランボルギーニのSSUV「ウルス」が誇る650psに迫るもとなります。

標準モデル「X6」新型のデビューは2019年内と見られており、「X6M」は2020年以降となるでしょう。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

メルセデス・ベンツ SLの次期型は2021年登場? ダイナミックな快適性を持つモデルに進化
マツダ新型2ドアクーペを開発中か!? MAZDA「MX-30」の商標登録完了
新型ジュークのデビューは9月3日。日産自動車がヘッドライトをティザー公開
デビューは9月が濃厚。新型 GLEクーペ、専用パーツが露出
電動化は見送り?新型「 ポルシェ・911 GT3」は威圧的な巨大ウィングを装備
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事