簡単でDIY取り付け可能! 音や表示で衝突警告するパーツ【ペダル踏み間違い時加速抑制装置4】

■カメラや赤外線レーザーで監視してアラート表示&警告

・カンタン設置で注意喚起


これまで紹介してきたのは、クルマのアクセル信号を制御して加速を抑える装置。しかし、そこまでは必要ないけれど、安全運転をサポートしてくれるアイテムが欲しいという人に向けた製品もあります。

今回紹介する製品は、赤外線レーザーやカメラで前方を監視、前走車に接近しすぎると、表示や警告音で知らせてくれるものです。いずれも、接近のほか、前走車が発進しているのに自車が動いていない場合などにも知らせてくれます。

●衝突警報装置 HSK-CM3/日立オートパーツ&サービス

・適合車種
12V車、24V車

・価格
オープン価格

日立オートパーツ&サービスの衝突警報装置 HSK-CM3は、カメラによる前方監視を行います。前方衝突警告については、20〜80km/hの設定速度以上で走行している際に、同一車線を走行中の前方の1台が接近した場合に知らせてくれます。

日中はもちろん、夜間も対応。ただし豪雨や霧などの天候では機能しない場合があるようです。

また前走車の発進検知と、車線逸脱検知も行ってくれます。カメラと表示モニターが別体となっているほか、車線逸脱の判定のためウインカー信号を拾うハーネスがセットの中に含まれています。

●衝突警報システム Maemite FCW-L1/ユピテル

・適合車種
DC12V(マイナスアース車専用)
接続可能なレーダー探知機、カーナビゲーションシステムについてはサイトに一覧あり

・価格
1万7280円(直販サイト)

ユピテルのMaemite(マエミテ)は、赤外線レーザーによる前方監視。

測定可能距離 1.5m〜最大30mの赤外線レーザーを前方に照射し、前走車からの反射により車間距離を測定、衝突警告と前走車の発進警告を行ってくれます。Maemiteは、赤外線レーザー照射ユニットのみのシンプルな設計で、警告方法は警告音のみとなっています。

また、同社のレーダー探知機やポータブルカーナビと接続することによって、その画面上に警告表示を連動させることが可能となります。さらにOBDIIアダプターを用いて、クルマにMaemiteを接続すると、走行中に前走車と近づくと警告してくれるオプションが利用できるようになります。

●サイバーナビ 安全運転支援 誤発進警告/パイオニア

・適合車種
マルチドライブアシストユニット同梱ないし対応のサイバーナビ

・価格
オープン価格

パイオニアのサイバーナビは、付属もしくはオプションとなるマルチドライブアシストユニットのフロントカメラによって、前方を監視します。走行時には前方車両接近警告や車線逸脱警告などを行うほか、停車時には前走車が動かないうちに自車が発信すると警告を発する誤発進警告などを行い、不注意な発進による追突事故のリスクを抑制します。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事