過激チューンのゲンバラ、新型スーパーカーを独自開発へ!800馬力のエンジンをミッドシップに搭載

ポルシェの過激チューニングで有名なドイツの「ゲンバラ」は、創業以来初となる独自スーパーカーの開発を発表し、ティザーイメージを1点公開しました。

ゲンバラ社は1972年にドイツ・シュトゥットガルト近郊で創業し、1981年には「911」「924」「928」をベースとした初のコンプリートカーを制作しました。その後相次いでポルシェのチューニングカーを発表するも2010年には創業者が殺害され同年に破産申告、直後に復活を遂げるという波乱の社歴を持つチューニングメーカーです。

2015年には自動車メーカーとして認可されており、いつでも独自開発出来る準備は整っていました。

そして第1号チューニングカーから38年が経過、満を持してゲンバラ史上初となるオリジナルカー計画が発表されました。ティザーイメージからは、サイドに大型エアインテークを持つミッドシップレイアウトが見てとれるほか、巨大なホイール、ゲンバラらしいキャラクターライン、アグレッシブなリアウィングが確認できます。

排気量やパワートレインなどは明かされていませんが、最高出力800ps以上で、開発が順調に進めば2020年に完成し、2022年には生産及びデリバリーが開始される見込みだといいます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型レクサス・ISはこんなにスタイリッシュに!? 新開発ダウンサイジングターボ搭載で2021年デビューへ
ついにフォードと決別。ジャガー・Fタイプ次期型はBMW製V8を搭載
テストドライバーが挑発ポーズ!? ルノーがCセグメントPHVクロスオーバーを開発中?
新型ゴルフGTIは「恐ろしいほどCOOLになる」。歴代最強の300馬力を発揮
欧州ベストセラーミニバンが進化。 ルノー・エスパスの改良型は内外装を一新して登場?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事