トラストがeスポーツに参入!2020年にeGTシリーズ(仮称)を立ち上げ

■ドリフトの頂点を極めたトラストがeモータースポーツに本格参戦!

・ゲーマー新入社員の活躍にも期待

5年間、R35GT-RにてD1に挑戦し、2017年に開催された「FAI IDC(FIAインターコンチネンタル・ドリフティング・カップ)」の初年度チャンピオンに輝いたトラストが、新たなモータースポーツ活動を発表しました。

eスポーツチーム「1’s BATTLE DOGS」とタッグを組み、「eモータースポーツ」に本格的に参加、新しいカーレースシリーズを立ち上げるということです。

この新シリーズは「eGT(仮称)」とし、2020年の本格始動へ向け、2019年はイオンモール等のショッピングモールでイベントを開催。eモータースポーツおよび新シリーズの普及と認知へ向けた活動を行ないます。

このショッピングモール・イベントではドリフト仕様R35GT-Rの実車も投入。実車同乗走行やドリフトデモランなどを行い、リアルな世界とバーチャルな世界を融合させることで、D1参戦時よりも身近に「トラストレーシング」を感じてもらえるような活動もしていくとのことです。

もちろん、eモータースポーツ・新シリーズを立ち上げるだけではなく、トラストからもプレイヤーを投入します。それが、2019年トラストの新入社員・新川真也さんです。

この新川さん、経歴が凄いです。4歳から始めたグランツーリスモでメキメキ才能を発揮し、13歳でGTアカデミーに招待されるも、18歳以下は不可とのことで参加を断念(お父さんのアカウントでプレイしていたそう)。18歳になり免許取得後にドリフトデビューを飾ると、地元九州の大会では初参加で優勝!

また、2017年には全日本学生ドリフト王座決定戦でチャンピオンに輝いたというのです(この時点でゲーマー出身の実車優勝者は初だとのこと)。

そんな才能あふれる新川さんをプレイヤーに起用し、「BATTLE DOGS×TRUST Racing」として活動していきます。新シリーズ「eGT(仮称)」がどんなゲームになるのか、今後行われるイベントに注目していきましょう!

あ、そ~だ、私もプレステ買おうかな!?(笑)

(永光 やすの)

『モータースポーツ』の最新記事
TGR GR010 HYBRID
「GR010 HYBRID」が公開。新設された「ル・マン・ハイパーカー(LMH)」レギュレーション用マシン
もてぎ戦のスタートラップの様子
モビリティランドとSTOがスーパー耐久最終戦鈴鹿(1月23日)の開催中止を発表【ピレリスーパー耐久シリーズ2020】
SF合同ルーキーテスト_001
どうなる?2021シーズンのスーパーフォーミュラ【スーパーフォーミュラ合同・ルーキーテスト】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事