【新車】ブーストアップでパワーアップ。トップグレート「アルピーヌA110S」が本国で発表

●40psのパワーアップとハンドリングの強化を実施した「アルピーヌA110S」

アルピーヌのミッドシップ2シーター「A110」のスポーツ度をさらに高めたトップグレード、「A110S」がフランスで発表されました。

ポイントはパワーアップとハンドリングの強化です。

まずエンジンについては、1.8L 4気筒ターボという基本は変わっていませんが、最大過給圧を0.4bar増やすことで、最高出力292PS/6400rpm(スタンダードモデルは252PS/6000rpm)へと増強しています。2000rpmから発生する最大トルクは320Nmで従来通りです。

シャシー面ではタイヤのグレードアップがポイントになります。フロント215/40R18・リア245/40R18サイズのミシュラン・パイロットスポーツ4を標準装着、あわせてバネレートを50%アップ、中空スタビライザーのレートも倍増しています。これらのチューニングにより車高は4mmほど下がっているということです。

パワーウエイトレシオは3.8kg/PS、0-100km/h加速はわずか4.4秒という俊足スポーツカーへと進化したA110Sの欧州価格は66,500ユーロ(およそ811万円)から、フランスでは年内納車も可能とアナウンスされています。

(山本晋也)

『ルノー』の最新記事
ルノー・トゥインゴZ.E.イメージ
日本の使い方にピッタリ? ルノー・トゥインゴのEVは少なめのバッテリーで180kmを走る
「象牙色の岩が織りなす風景」をボディカラーのテーマにした「ルノー カングー ペイザージュ」が登場【新車】
2020 - Nouvelle Renault MEGANE E-TECH Plug-in
ルノー・メガーヌに135km/hまで電気だけで走れるプラグインハイブリッド仕様が登場【新車】
マイナーチェンジ後のルノー トゥインゴにファン待望のMTモデルが登場【新車】
ルノー カングー クルール
今度の「ルノー カングー クルール」は、フランスの田園風景をイメージした自然な美しさが魅力【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事