自動運転の規定整備とともに「ながら運転」への罰則強化。「改正道路交通法」が参院で可決

●「レベル3」の自動運転車両ならドライバーのスマホも読書もOK!!

2019年3月に閣議決定されていた改正道路交通法が2019年5月28日、参議院本会議で可決されました。

議案要旨によると「自動運転に対応すべく、運転者などへの義務の規定整備」「クルマまたは、原動機付自転車の運転中の携帯電話使用に対する罰則の強化」というのが主な内容になっています。

自動運転の「レベル3」以上を想定した自動運転車両について、「道路運送車両法に規定される作動状態記録装置により、作動状態の確認に必要な情報を正確に記録することができないものを運転させ、または運転してはならない」とあります。つまり、こうした作動状態記録装置を備えていることが条件になります。

さらに、「クルマの使用者は記録を保存しなければならない」としています。ドライバーがこうしたデータにアクセスすることはないでしょうが、事故時に原因が分かるように警察に提出するという流れになりそう。

また、警察官は整備不良車両に該当すると認められる車両が運転されている際に、ドライバーに対し「作動状態記録装置により記録された記録の提示を求めることができる」としています。

自動運行車両のドライバーは、自動運行装置に関する使用条件(道路運送車両法に規定される、国土交通大臣が付する条件)を満たさない場合、自動運行装置を使って運転することを禁じられています。つまり、故障などのトラブルがある場合は、ドライバーがオーバーライドすることで手動運転する必要があります。

なお、条件を満たしたオートパイロット作動中であれば、ドライバーもスマホなどの使用が可能になります。

『交通取り締まり』の最新記事
一方通行の標識
パトカーの一方通行逆走がドラレコに! 運転していた警察官が検挙…でも、これっておかしいゾ【取り締まりQ&A】
警察庁の内部文書よりMSSSの紹介
スピード違反は上申書を出せばチャラになるってホント?→ネットのデマを信じたら逮捕された!【取り締まりQ&A】
危険な煽り運転
許せない悪質あおり運転! 違反者に適用されるのは「30日間の免停処分」!?【取り締まりQ&A】
スピード違反取り締まり中
速度取り締まりのパトカーは何キロ出してもいいの?→サイレンも赤灯もナシでかっ飛ばしてOKだった!【取り締まりQ&A】
2018年のオービス取り締まり件数は5万以上。その中で圧倒的に多い都道府県はあそこだった!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事