ドローンで撮影成功! アウディ・A4改良型プロトタイプの市販型デザインが見えてきた

■ドローンで捉えたA4改良新型は2019年末登場か?

アウディの「A4アバント」改良型プロトタイプを、初めてドローン撮影に成功しました。アイスバーンを走り抜け、豪雪を走り抜く姿が見てとれます。

捉えたプロトタイプは、これまででもっともカモフラージュが軽く、ワイドで薄型のグリルを始め、新ヘッドライトやコーナーエアインテークのデザインが顕著に露出しています。またリアエンドでは、バンパーを刷新し、LEDストリップライトを伴うと予想される新テールライトも確認できます。

フェイスリフトのため、ルーフライン、窓、ドア開口部などは継承されますが、フェンダーは一新されるようです。

コックピットも刷新されるはずです。インフォテインメントシステムをアップデートし、及びインストルメントクラスタを装備、兄貴分「A6」に似たデュアル・スクリーンを搭載する可能性が高いようです。

パワートレインは、最高出力150psを発揮する1.4リットル直列4気筒TFSIガソリンターボエンジン、最高出力190psを発揮する2.0リットル直列4気筒TFSIガソリンターボエンジンがキャリーオーバーされる可能性が高いですが、最新情報を入手次第、お伝えしていきます。

A4改良新型のデビューは、「セダン」を筆頭に2019年末が予想されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?