「ヤバすぎる」ロールスロイス ファントムが登場。日本のチューナーが過激カスタム

国産車から高級輸入車まで手がける、日本のチューニングメーカー「Wald International」(ヴァルド・インターナショナル)。その最新カスタムが初公開されました。

公開されたのは、ロールスロイス「ファントム」です。

フロントエンドには、スモークヘッドライト、ブラックアウトされたロゴやシンボルマスコット、クロームトリムを伴うリップスポイラー、大口コーナーエアインテークを装備。サイドスカートやリアバンパーにもあしらわれるクロームにより、スポーティに仕上げられています。

リアエンドには、アグレッシブなディフューザー、大型デュアルエキゾーストフィニッシャー、メッシュ加工されたバンパーなどが装着されており、マットブラックに仕上げられたエクステリアは、恐怖さえ感じる威圧感を発しています。

足回りでは、エアサスペンションこそ手が加えられていませんが、巨大な24インチ「Wald I13-F」鍛造マルチピースホイールに、295/30 R24のTOYO Proes STIIIタイヤを履いています。

(APOLLO)

『ロールス・ロイス』の最新記事

宮内庁のロールスロイス・コーニッシュは本当に修理できない?
【新車】新型ロールス・ロイス ファントムが日本デビュー、価格は5460万円〜
車名は1月発表!? ロールス・ロイス初のSUV「カリナン」これが生産マスクだ!
コードネームは『カリナン』。ロールス・ロイス初のクロスオーバーSUV、U字テールライト光った!
ブランドの存在感を示す、あの「マスコット」の発案者とは?【意外と知らないクルマメーカーの歴史・ロールス・ロイス編】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事