「ヤバすぎる」ロールスロイス ファントムが登場。日本のチューナーが過激カスタム

国産車から高級輸入車まで手がける、日本のチューニングメーカー「Wald International」(ヴァルド・インターナショナル)。その最新カスタムが初公開されました。

公開されたのは、ロールスロイス「ファントム」です。

フロントエンドには、スモークヘッドライト、ブラックアウトされたロゴやシンボルマスコット、クロームトリムを伴うリップスポイラー、大口コーナーエアインテークを装備。サイドスカートやリアバンパーにもあしらわれるクロームにより、スポーティに仕上げられています。

リアエンドには、アグレッシブなディフューザー、大型デュアルエキゾーストフィニッシャー、メッシュ加工されたバンパーなどが装着されており、マットブラックに仕上げられたエクステリアは、恐怖さえ感じる威圧感を発しています。

足回りでは、エアサスペンションこそ手が加えられていませんが、巨大な24インチ「Wald I13-F」鍛造マルチピースホイールに、295/30 R24のTOYO Proes STIIIタイヤを履いています。

(APOLLO)

『ロールス・ロイス』の最新記事
ロールスロイス ファントム内観_006
薔薇、薔薇、薔薇…ロールスロイス ファントムが「バラ園」になった!?
ロールスロイス ファントム外観_008
ロールスロイス ファントムがより豪華に。654馬力の最新カスタムが公開
ロールス・ロイスの購入平均年齢は43歳!? ファミリー層が多いSUVの「カリナン」に「ブラック・バッジ」が登場【新車】
「世界八番目の不思議」はロールス・ロイスにあり!? 一般向けの展示会が9月14日から19日まで開催中
宮内庁のロールスロイス・コーニッシュは本当に修理できない?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事