オートポリスに新型車両SF19が初上陸。F3、TCRレースも併催【スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス】

スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス大会の開催が、いよいよ今週末に迫ってきました。

九州初上陸となる新型車両SF19でのレース。フロントタイヤも幅広になり、全チーム走行データのない中での週末となるため、金曜日の専有走行からいかに早くセットアップしていけるか、チーム力が問われます。

開幕戦鈴鹿では、#18 carrozzeria Team KCMGの小林可夢偉選手が、4回のセーフティカーが入ったとはいえ、ファイナルラップでピットインするまでソフトタイヤで走り続けました。2種類のタイヤコンパウンドをSF19でどう使い分けていくのか、そしてコンパウンドの違いによるオーバーテイクシーンの増加もスーパーフォーミュラの見どころのひとつです。

また昨年の予選では、#20 ITOCHU ENEX TEAM IMPULの平川亮選手が、SF14で1’25.937というコースレコードを叩き出しています。新型車両となったSF19では、いったいどのドライバーがどんなタイムを見せてくれるのか、目が離せません!

ドライバーといえば、20人中8人がルーキーとなった今シーズンですが、#39 JMS P.MU/CERUMO・INGINGの坪井翔選手、#64 TCS NAKAJIMA RACINGのアレックス・パロウ選手は2年前、F3でここオートポリスを戦った経験があります。前戦鈴鹿で優勝争いを演じた #65 牧野任祐選手と合わせてこの3人のルーキーがどんな活躍を見せてくれるのかにも注目です。

『モータースポーツ』の最新記事

F1開催地、モンテカルロ市街地コースを歩いてみた!【F1女子モナコGP観戦記】
想定外の暑さの中での予選、ポールシッターには好条件だった?【SUPER GT 2019】
【SUPER GT 2019】夏の訪れを感じる猛暑の予選。ぶっちぎりでHOPPY 86 MCがポールを奪取!
井出少年カート時代の「バネット」は想い出の相方第1号【井出有治のとにかく楽しかった珍&名車3選・その3】
スーパーGTでもライバル! 全日本F3選手権に参戦する若手有望ドライバーたちのアツい戦いに注目

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事