【新車】貴重な国産5ナンバーワゴンのホンダ・シャトルがマイナーチェンジ

●スタイリッシュな外観と質感を向上させた内装に変身

カローラ・フィールダーとともに5ナンバーサイズのステーションワゴンとして貴重な存在になっている、ホンダ・シャトル。

2019年5月10日に受けた一部改良は、内・外装のリフレッシュが中心。防音材の見直しによる静粛性の向上、「Honda SENSING(ホンダ センシング)」にオートハイビームを追加するなど、安全面のアップデートも図られています。

最大の見どころはスタイリッシュになったエクステリア。低重心でワイドなスタイリングを追求し、前後バンパーとフォグライトの形状も変わりスポーティな印象を増しています。

リヤは、テールゲートとリヤコンビネーションランプのデザインが一新され、よりシャープでスポーティになっています。また、アウタードアハンドル、前後バンパーまわりやサイドシルモールなどにクロームメッキパーツが配され、上質感も演出されています。

内装もクオリティアップが図られていて、上質な光沢感のあるピアノブラックを採用。シートデザインも刷新されるとともに、新たに本革シートが設定されています。また、リヤセンターアームレストにカップホルダーが追加され、使い勝手も向上。

ホンダ・センシングへのオートハイビームの追加では、前走車や対向車を検知してハイ/ロービームを自動で切り替え、良好な視界確保に貢献するとともに、切り替え操作の頻度低減という利点もあります(サポカーSワイド該当)。

ボディカラーは、プラチナホワイト・パール、プレミアムベルベットパープル・パール、ミッドナイトブルービーム・メタリック、プレミアムクリスタルレッド・メタリック、ルナシルバー・メタリック 、シャイニンググレー・メタリック、クリスタルブラック・パール ・ブリティッシュグリーン・パール(新色)の全8色。

価格帯は1.5LアトキンソンDOHC i-VTEC+i-DCD(7速DCT)を積むハイブリッド仕様が2,118,960円〜2,721,600円。1.5L直噴DOHC i-VTEC(CVT)のガソリン仕様「G・Honda SENSING」の2WDが1,775,520円、4WDが1,969,920円です。

(塚田勝弘)

『ホンダ』の最新記事
ホンダ フリード
ホンダ・フリードがマイナーチェンジ。クロスオーバースタイルの「クロスター」を新設定【新車】
全身くまなく無限パーツをまとったシビックタイプR。流れるウインカーも開発【シビック タイプR用無限パーツ】
フランクフルトショー’19への日系ブランド出展がホンダ1社のみだった理由とは?
無限シビックタイプR 走り
ショックアブソーバーなどは変更せず、ホイールの変更だけでセッティングを出す【シビックタイプR 無限パーツ装着車】
無限インサイト前7/3
モデルごとに異なるコンセプトを採用。各車の魅力をアップする無限パーツ【ホンダ・Nワゴン/インサイト/CR-V 無限パーツ装着車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事