日産NV400の新型モデルはこうなる? ルノー「マスター」次期型の最終デザインをキャッチ

ルノーのLCV(Light Comercial Vehicle)、「マスター」の次期型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

マスターは、1981年に初代が発売され、1997年の2代目は「インタースター」として日産からも発売されました。2010年の3代目では「MV400」として日産版が発売されています。

捉えたプロトタイプはより背が高く、現行モデルのAピラーへ向かって釣り上がるヘッドライトを大刷新、サイドパネルへ伸びる水平デザインへ変更されています。またグリルは正方形に近いデザインとなるほか、バンパーやボンネットフードも新デザインが取り入れられているようです。テールライトは着手されておらず、今後変更が予想されます。

マスター/NV400は、他の兄弟モデルに見られるようなメーカーごとに大きく異なるデザインを与えるモデルではなく、仕様やデザインがかなり統一されており、NV400もこれに近いフロントエンドが予想されます。キャビン内の写真は撮影されていませんが、布がかけられており、レイアウトが刷新される可能性が高いでしょう。

パワートレインの詳しい情報は入手していませんが、PHEVモデルの設定が噂されています。またワールドプレミアは9月が有力です。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型ゴルフのデジタルコックピットをキャッチ! 世界標準車らしい造り込み
AMGの秘密施設を発見。メルセデス・ベンツの最強SUV「AMG GLS63」は2020年デビュー?
BMWにスピンドルグリル!? 新型M3のプロトタイプから最終デザインを予想
メルセデス・ベンツの新型Cクラスは日産GT-R以上の空力特性をもつボディに
心臓部はランボルギーニ製。ポルシェ カイエンクーペに最強「GT5」設定の噂!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事