日産NV400の新型モデルはこうなる? ルノー「マスター」次期型の最終デザインをキャッチ

ルノーのLCV(Light Comercial Vehicle)、「マスター」の次期型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

マスターは、1981年に初代が発売され、1997年の2代目は「インタースター」として日産からも発売されました。2010年の3代目では「MV400」として日産版が発売されています。

捉えたプロトタイプはより背が高く、現行モデルのAピラーへ向かって釣り上がるヘッドライトを大刷新、サイドパネルへ伸びる水平デザインへ変更されています。またグリルは正方形に近いデザインとなるほか、バンパーやボンネットフードも新デザインが取り入れられているようです。テールライトは着手されておらず、今後変更が予想されます。

マスター/NV400は、他の兄弟モデルに見られるようなメーカーごとに大きく異なるデザインを与えるモデルではなく、仕様やデザインがかなり統一されており、NV400もこれに近いフロントエンドが予想されます。キャビン内の写真は撮影されていませんが、布がかけられており、レイアウトが刷新される可能性が高いでしょう。

パワートレインの詳しい情報は入手していませんが、PHEVモデルの設定が噂されています。またワールドプレミアは9月が有力です。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

マツダ新型2ドアクーペを開発中か!? MAZDA「MX-30」の商標登録完了
新型ジュークのデビューは9月3日。日産自動車がヘッドライトをティザー公開
デビューは9月が濃厚。新型 GLEクーペ、専用パーツが露出
電動化は見送り?新型「 ポルシェ・911 GT3」は威圧的な巨大ウィングを装備
新型トヨタ・ヴィッツをキャッチ! マツダ製でなく独自開発か?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事