日産が提供するスーパーGTのFRO車両「パトロールNISMO」は、 428ps/560Nmを誇るモンスターSUV

日産自動車は「SUPER GTシリーズ」のファースト・レスキュー・オペレーション(FRO)車両として、「パトロールNISMO」を提供すると発表しました。5月4日の「SUPER GT」第2戦の決勝レースが行われる富士スピードウェイにおいて、贈呈式が行われます。

FRO車両は、レース中にアクシデントが発生した際に、ドライバー、ドクター、レスキュースタッフが乗車し、迅速に救助活動を行うことを目的としたレスキュー車両。今回、提供される「パトロールNISMO」は、日本未導入の大型SUVである日産パトロールがベースです。

「パトロールNISMO」は2015年10月にドバイで初公開されたモデルで、同社が60年以上にわたり世界の過酷なレースで戦い、勝利を収めてきた経験と知識をもとに、高度なレーシングテクノロジーを搭載したという高性能「NISMOロードカー」シリーズの1モデル。

搭載されるエンジンは5.6LのV8ガソリンエンジンで、NISMOのチューニングにより428ps/560Nmという圧倒的なアウトプットを持ち、大柄なボディからは想像のつかない俊敏なハンドリングを併せ持つという、究極のパフォーマンスSUVになっています。

なお、これまで長年FRO車両として活躍してきた「スカイラインクロスオーバー」からバトンを引き継ぎ、激闘のSUPER GTレース活動を支えていくとしています。

(塚田勝弘)

『日産自動車』の最新記事

【人とくるまのテクノロジー展2019 横浜】軽自動車用に開発された最新パワートレインをチェック
「インテリジェント高速道路ルート走行」で手放し運転ができる根拠と、手放し運転の作動時間は?【日産プロパイロット2.0】
プロパイロット2.0が実現するインテリジェント高速道路ルート走行とは?【日産プロパイロット2.0】
手放し運転が可能となる世界初の運転支援システム「プロパイロット2.0」を今秋発売のスカイラインに搭載【日産プロパイロット2.0】
日産グローバル本社ギャラリーで開催される「ゴールデンウィークイベント」親子で楽しめるコンテンツが盛りだくさん

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事