「普通のクルマ」として選択できる熟成度と車輌全体の造り込み【ジャガー・I-PACE試乗】

●手元のタッチパネルで回生ブレーキ強弱の操作も可能

ジャガー・I-PACE(959~1312万円)は専用のプラットフォームを持つフルEV。前後2列のシートを持つ乗用車となります。

そのボディ構造の94%はアルミニウムになっています。

もともと専用に高剛性となるように設計されたでボディ。ここにフロアへ敷き詰められた走行用バッテリーの剛性も合わせることで、現在の市販ジャガー車中で最も強靭なボディを持つモデルとなりました。

前後にモーターを各1個ずつ配置し、合計400psの出力で4輪を駆動、最大トルクは696Nmになります。0-100km/h加速は4.8秒という、スーパースポーツ並みの性能となっています。

充電口は左右に2個あります。左は急速充電用で、通常充電用の配置は右ですね。後席後方のラゲッジ空間は広いです。

また、エンジンがなくなったことにより、フロントにも小物入れ程度の空間が備わります。

インテリアは全長4.7mのボディに対してキャビン空間が広く取られており、非常に広々としています。

インパネは洗練された造形。ドライバー正面のメーター部分はTFT液晶のモニターになっています。

またセンター部分にも上下2枚のモニターが備わっており、ナビと空調等をタッチ操作でコントロールします。ドライブセレクターはプッシュ式になっており、センターコンソールに埋まっています。

『ジャガー・ランドローバー』の最新記事

先進安全装備を満載した新型レンジローバー・イヴォークが2019年夏にも日本導入!?
ジャガー初のピュアEVであるI-PACEが「ワールド・カー・アワード2019」で3冠達成
【ジャガー・I-PACE試乗】AIアルゴリズムを使った「スマート・セッティング」など先進技術を満載
【ジャガー・I-PACE試乗】ポルシェ・マカン ターボが標的か!? 全身バネのような圧倒的な加速に驚き
【ジャガー・I-PACE試乗】EV専用プラットフォームならではのディメンション、居住性や積載性は?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事