ドリフトの凄さを体感! D1ドライバー「ポンちゃん」こと、デイチャポン・トオインチャロン選手のマシンに同乗【MOTOR SPORT JAPAN 2019】

●大人気だったチームトーヨータイヤドリフトブース

素晴らしい体験をさせてもらったポン選手の所属するチームトーヨータイヤドリフトのブースに遊びに行ってみました。ブースにはポン選手のマシンの他に、デモ走行ですご技を見せ観客を魅了した川畑真人選手、藤野秀之選手のマシンも展示されていましたよ。

走行のない時間はドライバー達もブースにおり、一人一人丁寧にファンサービスをしている姿が印象的でした。

また走行へ向かう姿を一目見ようとガレージ前にはたくさんのファンが集まり、「行ってらっしゃい」と笑顔で手を振っていました。なかには「ポンちゃ〜ん!」と声援を送っている方も☆

そして存在感抜群だったのが「東京オートサロン2019」にも展示されていた、トーヨータイヤ「OPEN COUNTRY M/T」を装着したハイラックス。

そのほか「OPEN COUNTRY R/T」はオフロード性能とオンロード性能を両立させた新しいカテゴリのタイヤで、国内でスズキ「ジムニー」向けのサイズを開発し、好評とのことです。

それにしても、ブルーを基調としたボディとゴツゴツした大振りなタイヤの組み合わせがかっこいい! 今にも動き出しそうな臨場感のある展示に「来年はデモ走行してくれないかなぁ」なんて思ってしまいました。

(写真/高橋 学、文/yuri)

【関連記事】

新体制のTOYO TIRESワークス「チームトーヨータイヤドリフト」がすご技を連発! タイと日本のドリフトファンの違いとは?【MOTOR SPORT JAPAN2019】(PR)
https://clicccar.com/2019/04/07/735667/

『D1GP』の最新記事
エビス西コースでのGRスープラ
Team TOYO TIRES DRIFTは、藤野選手と川畑選手がチャンピオンの可能性を残す【D1GP】
D1GP第6戦小橋選手のチェック走行
データと動画をフル活用! これが現代のドリフト機械審査攻略法だ【D1GP第6戦EBISU WEST DRIFT】
D1GPタイヤウォーズ2020_01
白熱するD1タイヤ戦争。第5戦では3メーカーが表彰台を分け合う【D1GP 2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事