ドリフトの凄さを体感! D1ドライバー「ポンちゃん」こと、デイチャポン・トオインチャロン選手のマシンに同乗【MOTOR SPORT JAPAN 2019】

●チームトーヨータイヤのD1参戦マシンに同乗!

2019年4月6日(土)、7日(日)に東京お台場で行われた「MOTOR SPORT JAPAN2019」で、チームトーヨータイヤドリフトのマシンに同乗させてもらい、ドリフトの凄さを体感してきました!

ドライバーはD1(全日本プロドリフト選手権)に参戦しているTOYO TIRESワークスチーム・チームトーヨータイヤドリフトのデイチャポン・トオインチャロン選手。

「ポンちゃん」の愛称で人気のポン選手はタイのバンコク出身で、2016年からチームトーヨータイヤドリフトの一員としてD1に参戦。タイドリフトシリーズではチャンピオンを獲得し、中国やロシアのシリーズにも参戦経験のあるトップドライバーです。

「TOYO TIRES」と書かれたブルーのラインがかっこいいマシンに乗り込むと、ヘルメット越しでも分かるほど満面の笑みで迎えてくれたポン選手。

実は同乗走行前に少しだけお話しする機会があったのですが、穏やかでとっても優しく「きっとそこまで激しくドリフトしないだろうな」なんて余裕でいた私があまかった……。

スタートのフラッグが振られた途端、マシンが急発進! あまりのスピードに瞬間移動したかと思うほどです。壁が目の前まで近づいてきたかと思ったら今度は、ぎゅいんとドリフトで方向転換! 身体がGに耐え切れず左右に振られます。

 

もうここまでくると写真を撮る余裕はほとんどありません(ごめんなさい!)。

「写真は無理でもドライビングテクニックをこの目に焼きつけたい」と頑張ってポン選手に視線をうつすと、驚くほどの速さでステアリングやサイドブレーキを動かしていて惚れ惚れしちゃいました。

そして激しい動きをしているのに、身体がぶれていないことにもびっくり! ドライビングテクニックはもちろん、身体能力の高さにも驚かされました。

最後はドーナツターン! 周回を重ねるたびに湧き出るタイヤスモークで、もう自分がどこで何をしているか分かりません(笑)。でも最高に楽しくて、思わず「フォー!」と叫んじゃいました。

マシンを停めると、またしても爽やかな笑顔でサムアップするポン選手。その笑顔からは想像できない走りなんだよなぁ。ポン選手、貴重な体験をありがとうございました!

『D1GP』の最新記事
川畑の単走
スピードは見せたものの…川畑GRスープラのV8パワー炸裂は2020年に持ち越し!【FIA IDC】
ゴーチャ選手の走り
2JZとワイズファブがあればOK? ドリフト国際大会のマシンメイク事情【FIA IDC】
3度目の世界戦は波乱万丈の経過に! D1GPのプロモーションディレクター「塚本D」こと塚本奈々美のFIA IDC2019レポート
ゴーチャ選手の準決勝
2019年のドリフト世界一決定戦はゴーチャ選手が2連覇、TOYO TIRESが3連覇を達成!【FIA IDC 2019】
ラッピング
塚本奈々美が原作のデジタルコミック「ナナメ!! スライドしたガール」、12月よりclicccar /web optionにて連載開始!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事