マクラーレン・F1の後継となるハイパーカー、コードネームは「T50」か?

ゴードン・マレー氏が開発中と見られる、新型ハイパーカーのコードネームが「T50」であることがわりました。

伝説の名車、マクラーレン 「F1」の産みの親であるゴードン・マレー氏は、2017年に少量生産の自動車メーカー、「ゴードン・マレー・オートモーティブ」を立ち上げると発表しました。現在、「F1」後継モデルとなるハイパーカーを計画しているとみられています。

これまで入手した情報では、マニュアルギアボックスと組み合わされるV型12気筒エンジンを搭載するということでしたが、新たにコードネームが「T50」であること、限定モデルであること、カーボンモノコックを採用し1,000kg以下の軽量モデルで、アストンマーティン「ヴァルキリー」やメルセデス「AMG Ome」をも凌ぐパフォーマンスを持つことがわかりました。

ワールドプレミアは、2020年のモーターショーが有力とされています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

英・ウルティマ、1200馬力の最強ライトウェイトスポーツ「RS」を発表
新型 日産・ジュークは電動化を強化。デビューは2019年秋!
メルセデス・ベンツ GLBのトップモデル、383馬力の「AMG GLB 45」を設定へ!
VW・ゴルフ ベースのテスト車両をキャッチ。わずかなヒントから見えた正体とは?
今度はSUVだ!18年ぶり復活の「プーマ」高性能モデルをキャッチ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事